インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアン
ドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、転職関
連の主要25サイトについて、現職の中途採用担当者に対してアンケート調査を
実施し、各サイトを比較した調査結果を発表した。

■総合1位は「リクナビNEXT」、2位は「[en]社会人の転職情報」、3位は「マイナビ転職」
最も評価点が高かったのは「リクナビNEXT」(89.75点)で25サイト中1位。2位は、「[en]社会人の転職情報」(80.12点)、やや差が開いて3位は、「マイナビ転職」(72.21点)という結果になった。

■求人サイト利用理由は「費用面(費用対効果、コスト削減)」と「告知力」
「現在中途採用で利用している人材採用(募集)告知手段」として、「インターネット上の求人サイトに掲載」を選択した回答者に、「求人サイトに掲載」する理由を尋ねたところ、30%を超える理由は、
1.費用対効果が高いため(40.3%)
2.自社のホームページ掲載だけでは限界があるため(38.1%)
3.沢山応募が集められる(告知力がある)ため(35.9%)
4.採用にかかる費用を削減できるため(31.9%)
以上の4つであった。

■利用したことのある求人媒体
・直近の中途採用時期は、「過去1年以内」が66.1%、「過去2〜3年以内」が14.6%、「3年前」が12.3%、「中途採用活動を行ったことがない」が3.9%、という回答であった。
また過去に1度でも利用したことがある人材採用告知手段の上位5位は、
1.ハローワーク(職安)(56.4%)
2.自社のホームページに掲載(44.8%)
3.インターネット上の求人サイトに掲載(42.5%)
4.求人情報のフリーペーパーに掲載(33.0%)
5.人材紹介会社を利用(24.8%)
という結果であった。

更に、過去に1度でも利用したことがある人材採用告知手段として、「インターネット上の求人サイトに掲載」を選択していない回答者に「インターネット上の求人サイトに掲載」しない理由を尋ねたところ、「採用コストがかけられないため」(27.5%)と「採用人数が少ないため」(25.8%)の2つが特に多い結果になった。


なお調査対象となった求人サイトは
@type(キャリアデザインセンター)、
an (インテリジェンス)、
[en]社会人の転職情報(エン・ジャパン)、
フロム・エー社員ナビ(リクルート)、
他25サイトを対象に行われた。(了)

■関連リンク
livedoor キャリア