2007年12月から2008年3月までジャンプスクエアで連載されていた「清く正しく美しく」。このたび、8ヶ月間の休みを経て、ジャンプスクエアのサイト上でWEBコミックとして復活しました。それもただのマンガではなく、コミック誌上初の「アニメマンガ」。

「清く正しく美しく」は原作をアニメ制作会社のufotableが、作画はufotableのコミック制作班・たあたんちぇっくが行っており、本業を生かした形のスタイルになるようです。

詳細は以下から。
ジャンプスクエア [清く正しく美しく]ufotable×たあたんちぇっく


物語は、アメリカから県立星ヶ浜高校に留学生として上野キッカがやってくるところから始まり、だんだんと友達を増やしてサッカー部で頑張る様子が描かれています。

このアニメマンガは11月4日から連載開始で、現在は第二部第一話「できたよ!オフィシャルサイト」が掲載されています。すでにサッカー部はメンバーがそろってワイワイ楽しそうにやっているところ。まだ第一部は単行本化されていないようなので、いったいキッカがどのように馴染んでいったのか知りたい人はコミックを待ちましょう。

第一話で作られたオフィシャルサイトは実際に公開されています。

星ヶ浜高校女子サッカー部オフィシャルサイト

ちなみにこのアニメマンガ、制作はもちろんufotableが担当。アニメと同じようにコマをセル分けし、アニメと本文に落とし込んで制作しているそうです。

ufotableといえば「空の境界」第六章 忘却録音が12月20日(土)から、第七章 殺人考察(後)が2009年初春に、それぞれ公開予定となっています。こちらも楽しみですね。

・関連記事
アニメの原画展なども行われている「ufotable cafe」訪問レポート - GIGAZINE

劇場版「空の境界」のめくる原画集を実際にめくってみた - GIGAZINE

DVDを1万枚所有するクロックワークスのプロデューサー武智さんに直撃 - GIGAZINE


記事全文へ