心臓疾患の男性、ポルノ映画に興奮して死亡

生まれつき心臓に欠陥のある男性が、心臓発作で亡くなってしまいました。

発見した母親のクレアさんによると、彼はポルノ映画を見ていたそうなのです。

クリス・ニコルさん(23歳)は先天性の心臓疾患であるファロー四徴症でした。

完治は不可能と言われながらも、数週間前に手術を受けたところでした。

クリス・ニコル

ポルノ映画を見ていたことによる、急激な興奮状態が心臓発作の引き金になったと見られています。

検死した医師によると、大きなストレスや興奮により不整脈が生じると鼓動が激しくなり、それが心臓発作を引き起こしたのではないか、ということです。

病院側では不整脈は予測できないとしており、自然に引き起こされた死としているようです。

心臓に欠陥のある男性がポルノを見ると興奮してしまい危険だということですが…。

だからといって一生無縁でいろというのも、大変難しい話だと思われます。

Croydon man with heart defect died as he watched pornより

関連記事