KAT-TUN・赤西仁、小林武史の初監督映画『BANDAGE』で主演が決定――?

 現在、ファンの間を飛び交っているのがこの噂。同作はバンドブーム全盛期の90年代を背景に、人気バンド"LANDS"のメンバーたちが夢や友情の狭間で揺れ動き、傷つきながらも成長していく姿を描いた青春ストーリー。「スワロウテイル」の岩井俊二が脚本を担当、音楽プロデューサーの小林武史がプロデュースと初監督をつとめる記念すべき作品で、11月3日〜4日にクランクイン、2010年公開を予定しているという。

(画像はこちら)

 赤西の起用は、小林が脚本を読んだ瞬間「感覚的に赤西くんが良いと思った」ことから実現。リードボーカルのナツ役を演じる赤西は、現在、衣装合わせに入っており、ビジュアル面でも意見を出すなど積極的に取り組んでいるようだ。

 ......とここまでが、映画情報サイト「エイガ・ドット・コム」で一度は報じられたニュースの大まかな抜粋。しかしこの記事、いったんアップされたものの、なぜか即座に削除されてしまった。そのため「キャストが急きょ変わるらしい」「FRIDAYのせいで話がポシャった」「っていうか、そもそも最初からデマだった」などなど、ファンの間で論議を醸している。

「赤西もこの映画のためにスケジュールを空けているようですし、今回はサイト側がフライングで発表してしまっただけで、おそらく実現するとは思うんですが......。この作品、ちょっといわくつきだから心配なんですよね」

 こう話すのは、映画に詳しいライター。実は、今から3年前の05年にもこの映画の制作が発表され、ある日突然白紙になってしまったという過去があるのだ。

「そのときの主演は成宮寛貴。『あずみ』『ゴジラ FINAL WARS』の北村龍平が監督で、岩井俊二主宰のプロジェクトplayworksから映画化される予定でした。原因について、当時は人間関係や金銭関係など様々な噂が出ていましたが、どれが本当かはわからない。ただ、それから数年経った今でも岩井俊二が映画化を望んでいるくらいだからよっぽど思い入れがある作品なんでしょうね。赤西がとんでもないヘマをやらかして話が潰れなければいいんですが」(同)

 上戸彩とともに吹き替えを務めたハリウッド映画『スピード・レーサー』も案の定コケ、個人仕事がほとんどない中で女性スキャンダルが飛び出すなど、もはやあとがない赤西。この映画は、彼にとって起爆剤となるのだろうか?

【関連記事】 田口淳之介の熱愛報道のウラにある、もっとアブないウワサ
【関連記事】 スキャンダル続出のKAT-TUN、上田竜也も......
【関連記事】 FRIDAYショック!? 「Style」でKAT-TUN掲載中止
【関連記事】 卒業......そして伝説へ!? エビちゃん「an・an」登場ファイナル!
【関連記事】 木村多江は魔性の女? オンナに嫌われる理由とは......
【関連記事】 愛犬の死やサギもネタに? 黒柳徹子が渡瀬恒彦相手に大暴走!
【関連記事】 バナナマンがロバートらに詰問! 「なんで僕らに票入れなかったの?」
【関連記事】 リア・ディゾン結婚報道に、みのさんは......?
【関連記事】 はるな愛 vs 椿姫彩菜 どっちが好き?
【関連記事】 スプーンの背で男性の●●を×× 「anan」のSM特集がヤバイ!
【関連記事】 林真理子のエッセイは"勘違いダイエッター"のバイブルである
【関連記事】 小倉智昭のすごい気になる頭のアレ
「サイゾーウーマン」 オンナの好奇心を刺激するニュースが盛りだくさん!