ウィルコムは28日、「HONEY BEE 2(ハニービー・ツー)」を11月7日(金)より順次、オープン価格にて発売すると発表した。ポップなデザインで人気の「HONEY BEE」が、カラフルなラメ入りになり「HONEY BEE 2」としての新登場だ。 薄さ9.9mmのサイズにカメラ機能を新たに搭載。また、テンキー、サイドスイッチが従来よりも大きくなって、さらに操作性が向上。
同社からは、他に防水タイプやスライドタイプも冬モデルとして同時に発売。また、ユニークなチャットができる新サービスも登場!



ウィルコムが発売する冬の新モデル「HONEY BEE 2」は人気のHONEY BEEがカメラ付きでの新登場だ。カラーは、全部で5色。ピンク・ホワイト・ブラックは、11月7日、グリーン・ブルーは11月13日の発売となる。




また、ウィルコム初、そして国内最薄の防水タイプの電話機「WX330J」(カラー/ホワイト・ブラウン)も、11月13日にオープン価格にて発売予定。




さらに12月上旬には、アクセサリーのような、ウィルコム初のスライド型電話機「WILLCOM LU(ウィルコム・エルユー)」(カラー/ピンク・ブラック・ホワイト)のオープン価格での発売も予定されている。




そして、同社では、スマートフォンのタッチパネルを活かした、新しいコミュニケーションツール「手描きチャット」というユニークなサービスも開始する。シャープが提供するWILLCOM 03などのスマートフォン同士で手描きによる文字やイラスト、写真をやりとりできるサービス「手描きチャット」は、11月7日(金)からの対応となる。利用料金は、月額 315円(税込)。なお、2009年3月31日(火)までは、月額料が無料となる。ただし、パケット通信料は別途に発生する。

データ通信に強みを持つPHS携帯とスマートフォン。続々と登場するモバイル端末や新種のサービスの中で、同社の新ラインナップはどこまで健闘するだろうか?

(編集部:T.0tsu)