協力すればゴースト退治もあっという間

写真拡大

   アイレムソフトウェアエンジニアリングはPS3のダウンロード専用ゲーム「みんなでスペランカー」を2008-2009年冬に発売すると発表した。

   「スペランカー」は、すぐに死んでしまう「最弱の主人公」が登場する有名アクションゲームで、誕生から25周年になるという。それを記念して発売される今作品では、ステージ数もかつての25倍の「100」にアップ。

   PS3ならではの機能として、オフラインで家族・友人、オンラインで世界中の人々と"みんなでスペランカー"を遊べる「マルチプレイモード」が搭載されており、複数で協力することで「シングルプレイ」とは違った攻略法が可能だという。

   また、グラフィックはPS3のスペックを生かした美麗なものに一新されたが、昔懐かしのクラシックグラフィックを選択して遊ぶこともできる。

   この「みんなでスペランカー」は、10月に行われた東京ゲームショウ(TGS)にも出展。誰もが知っている人気タイトルということもあって、4日間で合計1000名以上が試遊機にトライしたそうだ。

   メーカーの担当者は

「みなさん、ニコニコしながら遊んでくださいました。通って行くだけの人も"スペランカー"の文字を見て笑ってくださって…。お客様からは"今回もすぐに死んじゃうの?"という質問をたくさんいただきましたよ(笑)」

と語る。

   ちなみに、やはり今作でも「主人公」は"すぐに死ぬ"のだそうだ。

   価格は未定。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」や会社内の「人間関係」をテーマにした「会社ウォッチ」も10月オープン!