■考える選手と考えない選手の差
 埼玉スタジアムで行なわれたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦、浦和対G大阪。浦和が見せた前半のパフォーマンスは昨年のACL決勝のデジャヴのようだった。
 良い時間帯に取るべき選手が奪った先制点。その勢いに乗り生まれるチャンス。呼応するかのように一体感を増す満員の観客の手拍子。
 その勢いに、G大阪の西野朗監督は、追加点を奪われ試合を決められてもおかしくないとベンチで焦燥していた。浦和が勝つのではないか。頭をよぎったのは私だけではないはずだ。それくらい一方的な前半に見えた。
 
 しかし、ピッチにいるG大阪の選手たちは違った。
「追加点を奪われるという焦りはありませんでした。浦和が前から来ていたので、そういう意味での圧力は確かにありましたけど、押しこまれているとは思いませんでした」と橋本英郎は感じていた。
 安田理大は具体的に理由を説明してくれた。
「立ち上がりは浦和が前から来たことでバタついてしまいましたけど、途中からボールは回せていたので、問題ないと思いました。ビッグチャンスはなくても、バイタルエリアは使えていた。この攻撃を続けて、自分たちのミスを少なくすれば得点を奪えると思いました」
 後半に入ると、橋本は勝てるという想いをより強くしていた。
「前半は僕とミョウ(明神智和)のところにポンテとエジミウソンがすごくプレスをかけにきていた。けど、後半はそのプレスが緩んだのです」
 そして、両選手が「あれが大きかった」と語るG大阪の同点弾が決まる。
 
 その時間帯、浦和の選手たちに、“どういうサッカーをしようとしていたのか?”と尋ねても、「2点目を奪った方が勝つと思った」というのみだ。2点目が重要になるからチームで守る、または攻めるという具体案は持っていなかった。
 しかし、G大阪は違う。
「ヤット(遠藤保仁)のところとかアタッキングサードの守備は厳しい。けど、ポンテやエジミウソンは点を取りに前がかりになったので、僕やミョウへの守備はだいぶ緩くなった。これで僕らは前に出て、得点に絡める」と、橋本は“攻めよう”と考えていた。
 遠藤、ルーカス、橋本と、一列目、二列目、三列目全てが絡んで生まれた駄目押しとなった3点目は、浦和の圧力に屈せず、自分たちのスタイルを貫いた姿勢が生んだものだ。
 
■過去の成功体験を捨てなければ未来はない
 G大阪の選手たちの話を聞いていて思うのは、彼らは1試合を考えながらプレーしているということだ。そして、監督以上に自分たちのサッカーに自信を持っている。
 浦和は違う。前半の良さは「個々が1対1などでベストを尽くそうと話し合ったことが大きい」と高原直泰がいうように、なにか策があったわけではない。リズムが悪くなったときに、選手間で意思統一もできなかった。ゆえに、前半と後半でまったく別のチームとなった。
 高い位置にあったディフェンスラインはどんどん下がり、後半はペナルティエリア前に固まっていた。それに呼応し、いつものようにプレスのラインは下がり、間延びが生まれる。
 これは、エンゲルス監督の力のなさがまずあげられる。しかし、監督の責任のみではない。
 なぜなら、たとえば西野監督がどんなに繋ごうと選手に指示を出しても、選手がロングボールを蹴り続ければ、ピッチで体現されるのはロングボールのみのサッカーになる。プレーするのは選手なのだ。
 
 実は、浦和は昨シーズンにそのようなことがあった。オジェック前監督は浦和を4バックにしようとし、高い位置からのプレッシングを志向していた。しかし、第8節の鹿島戦あたりから選手たちが試合展開により3バックにすることが多くなり、主力の中には「わざわざ慣れ親しんだスタイルを変える必要はない」と公言する選手もいた。
 つまり、監督がどんなに変えようとしても、選手が変わろうとしなければ絶対にチームは変わらないのだ。
 
 現在、浦和は混迷を極めている。そこから脱するためにも、まずは、エンゲルス監督を解任すべきだ。そして、選手がどうではなくて、“俺はこういうサッカーがやりたいんだ”という監督を連れてこなければいけない。ブッフバルト氏など論外だ。
 監督選びをしっかりやれば、浦和の選手たちの特性、能力なら、オランダやスペインなどスペクタクルなスタイルも不可能ではない。
 そして、選手たちも、ペナルティエリアで跳ね返し、一発で勝つという過去の成功体験を捨てて、監督についていかなければならない。
 今回の敗戦の責任はエンゲルス監督だけではない。変われなかった選手たちにもある。浦和というチームが持つ全ての膿が出た結果だと、断言できる。(了)
 

著者プロフィール
石井紘人(いしい はやと)
某大手ホテルに就職するもサッカーが忘れられず退社し、審判・コーチの資格を取得。現場の視点で書き、Jリーグの「楽しさ」を伝えていくことを信条とする。週刊サッカーダイジェスト、Football Weeklyなどに寄稿している。