最新型<a href=X線装置の試験運用が始まる" hspace="5" class="pict" align="left" />

近年の数々の航空機犯罪により、空港のセキュリティは年々厳重になりつつあります。

検査機器は日々進歩を続け、最近では完全に服が透けてあられもない姿をスキャンできる、最新型のX線検査装置がテストさてれいます。

この最新型のX線検査装置は服を全て透かし、大事なところも含め全てを包み隠さずにあらわにする脅威の性能を持っており、今月からオーストラリアはシドニー、メルボルン、アデレードの3つの空港で試験的に導入されました。

関係者は、確かに服が透けて見えるが、ヌード写真の様に見える訳ではないとしていますが、このスキャン画像を見る限りはかなりはっきりと映っています。

アメリカでは隠された武器を見つけるための有効な手段として、今年の4月からニューヨークとロサンゼルスで導入されており、スキャン映像は検査機から離れた別室にいる係員に白黒のイメージで送信され、映像が誰のものなのかがわからないように配慮されているそうです。

この装置の価格は1台13万ドル、日本円にして約1300万円。よこしまな気持ちで購入するにはあまりにも高額ですが、空港のセキュリティを強化できるのであれば決して高い金額ではなさそうです。


しかしここまで見えてしまうと、ついつい大事なところにばかり目が行ってしまい、かえって肝心なものを見落としてしまうのではないかと思うのは私だけでしょうか…。

試験運用期間がいつ終わるのかはまだわかりませんが、本格的に導入された場合、検査官の募集にどれほどの人が殺到するのか非常に興味深いところです。

Airport Scanners Will Show Genitals (Australia)より
※男性のスキャン画像に興味をお持ちの方は、こちらをご覧ください。

追伸:空港関係者様、もし日本でも導入されたら、給料はいりませんのでぜひ私を検査官として雇って下さい、どうかお願いします。

関連記事