SEって、とにかく完ぺき主義だよね?
SEって細かいし、神経質。仕事はもちろん、ゲームだって満点クリアじゃなきゃ終われない。そんな完ぺき主義っぶりに時には感心され、逆にあきれられたりすることも。やっぱり完ぺき主義じゃないとSEになれないの? 今回もきたみりゅうじがぶった切ります。

■細かいとか神経質とか言われたりするわけですが
 SEさんは神経質。それも自分の仕事だけじゃなくて、周りの仕事もアレやコレやと気になって仕方がない。とにかく細かい。ミクロどころかナノ……いやいやピコクラスに細かい。でも、そうして神経を行き届かせながら、コツコツと作業を積み上げて、高品質なものを作り上げる集団。それがSE。そうした人たちの集まりこそがSE。
 え? すぐに最短ルートでちゃっちゃと片付けようとしちゃうアナタ? そりゃもちろんお呼びではないですよ、それがこの世界ってもんですよ。……とかなんとか想像してみたりするこれってはてさて正しいものかしら。

■むしろ最短にこだわるほうが向いてるでしょ?
 技術者に対する尊称として「ハッカー」ってものがありますけども、あれって「最小限の手間で最大の効果を生む人」って意味があるわけですよね。常人であれば四苦八苦して手間がかかるものを、さらりと魔法のように一瞬で片付けてみせちゃう。それがクールであり、やっほ〜かっちょいいぜ〜な世界のわけだ。

 だから本当だと、細かいことが気になってしょうがなくて、あれもこれも真面目にコツコツ手間と労力を惜しまずに……って人種とは真逆だったりするわけで。さらに言えばSEさんの仕事は「いかに面倒な仕事をコンピュータで置き換えさせるか」に集約されてくるわけだから、面倒だ面倒だって日ごろから思ってる人のほうが本筋に近いんですよね。ズボラでミスが多いと思うなら、そんな自分でもミスを消せる仕事の仕方は……って考えれば、それがきっとほかの人たちにも役立たせられる発想につながるわけでありますからして。

 けっきょくんとこ、どっちの性格が向いてる向いてないじゃなくて、それぞれがそれぞれの性格にあった(いい意味での)要領のよさを身につけること。これにつきるのかな〜なんて思います。

……≫詳しくはこちら

■関連リンク
livedoor キャリア