エコと性能を両立させたバイトタイヤ

写真拡大

F1などレースにおいてはタイヤの性能が勝敗を大きく左右する。私たちが乗るクルマでもその重要性は周知のとおりだが、近年では天然素材を混入させる高性能エコタイヤの開発が真っ盛りだ。省燃費と同時にグリップ力や耐久性を向上させるタイヤ開発は、各社独自の技術力が問われる。

石油系合成ゴムはもう古い!? エコと性能を両立させたバイトタイヤ
■横浜ゴム:ミカンの皮でつくった脅威の新エコタイヤ
 自動車、自転車、飛行機、果てはスペースシャトルと、さまざまな乗り物に使われているタイヤ。あまりにも身近な存在であるこの製品、単なる「黒いドーナツ状のゴム製品」といったイメージをもたれがちだが、さにあらず。タイヤはそれらの乗り物の快適性や安全性、環境性能を向上させるうえで、極めて重要な役割を果たしているのだ。
 世界のタイヤメーカーはそれぞれ、世界をリードするイノベーションをわれこそが実現させようと、研究開発に躍起になっている。かつては超高速でも安定して走行でき、コーナリング性能にも優れるといった性能競争がイノベーションの主流だったが、今日では燃費向上など環境性能が最大の関心事だ。

 横浜ゴムが今年7月に発売したばかりの新型エコタイヤ「DNAデシベル・スーパーEスペック」は、タイヤ業界における技術開発競争の先鋭化を大いに感じさせる商品だ。メインの材料は通常のタイヤに使われる石化ゴムではなく、柑橘類の皮に含まれるオレンジオイルと呼ばれる油分を天然ゴムと配合してつくった「スーパーナノパワーゴム」という新素材だ。
 ミカンの皮のオイルというと奇異に聞こえるが、オレンジオイル自体は植物性の台所用洗剤、美容洗顔フォームなど多くの製品の油脂分として幅広く使われている、ごく一般的な物質だ。だが、「脱石油」を長期的な技術目標として掲げる横浜ゴムが、オレンジオイルをタイヤのコンパウンドに使うめどをつけたのは、つい最近のことだ。

■素材ができればOKではないタイヤ開発
「オレンジオイルを使ってゴムをつくること自体は難しいことではありません。ですが、タイヤに使えるようなコンパウンドとなると、容易なことではありませんでした」
 スーパーナノパワーゴムの開発に携わった先行材料研究グループの亀田慶寛氏は語る。自動車のタイヤが置かれている環境は過酷だ。素手では触れないような真夏のアスファルトの熱さから、路面を凍結させるような真冬の寒さにさらされ、雨に打たれ、1t以上の車体の重さを受け止めながら、何年もの間劣化してはならないのは当然のこと。そのうえでユーザーが安全にクルマを走らせられるだけの、性能とフィーリングをもたせなければいけない。タイヤメーカーは材料開発と商品開発の両方を、同時に手がけているのである。

「単に数字上の特性が優れたものを開発すればよいのではありません。実際、理論的にはこれで絶対いけるはずと思ってつくった最初の試作品をテストコースで試してみたら、高速レーンチェンジでふらついてしまい、テストドライバーから『タイヤに“腰”がない』と言われてしまいました」
 スーパーEスペックの商品開発を手がけた材料設計4グループの後藤幹裕氏は、開発過程をこう振り返る。性能を満たすため、テストのインプレッションをもとに、カーボンブラック、シリカなどのフィラーと呼ばれる添加物質をさまざまな比率で混ぜたり、またオレンジオイル以外の天然樹脂を配合したりと、性能確保のためのチューニングを徹底的に行ったという。
 消費者を満足させられるだけの商品に仕立てて発売するまでには、タイヤ設計だけで2年がかかった。スーパーナノパワーゴムの開発開始から通算した開発期間は「言えないくらい」(亀田氏)だ。

■クルマの挙動と運転者のイメージが一致する天然素材タイヤを
 高性能が要求される一方、安全性についても絶対のものが求められるタイヤづくりは、簡単にできる仕事ではない。が、その分だけ面白みもひとかたならぬものがあるという。後藤氏は2005年に化学メーカーから転職してきた中途採用組だが、
「以前は化学の材料開発だけをやっていたのですが、横浜ゴムに入社してからは、材料研究だけでなく、タイヤという商品の開発も手がけるようになりました。お客様の手に直接届くものをつくれるということは、本当に楽しいことです」
 と、素材メーカーと商品メーカーの2つの顔をもつ、タイヤメーカーの仕事の面白さについて語る。横浜ゴムは市販車用、レース用、旅客機用などの各種タイヤをはじめ、ゴルフ用品、音響材、ビル用免震積層ゴムなど、幅広い製品を手がける。商品ラインナップの豊富さは、横浜ゴムのみならず、高分子を得意とするタイヤ業界の特質といえる。

「そうしたエンドユーザーに直結したモノづくりだけに、自分が自動車、ゴルフといった対象製品の分野を好きだというのはとても大事だと思います」
 こう語る亀田氏は、自ら4WDターボ車を駆ってサーキットを走行するクルマ好きだ。横浜ゴムのクライアントにはベントレー、AMG、ポルシェなど、多くの超高性能車メーカーが名を連ねる。エンジニア自身がカーマニアである必要はないが、タイヤメーカーがそれらのクライアントと技術やクルマの走りについて対等に語り合うためには、やはりクルマの走りを支えるタイヤについて、一流のプロとして深い造詣をもっていなければならない。
 オレンジオイルを使ったバイオ材料、スーパーナノパワーゴムを使ったタイヤは、今のところハイブリッドカー向けを想定したサイズから展開が始まっているが、
「将来は、ステアリングを切ったときのクルマの挙動と運転者のイメージが、ぴったり一致するような高性能タイヤをつくりたい。もちろん天然素材で」(亀田氏)
 と、「脱石油」をハイパワーカーの分野にも適用していきたい考え。タイヤの進化はまだまだこれからが本番なのだ。……≫続きはこちら

■関連リンク
livedoorキャリア