600機種の携帯を所有!モバイルサイト開発の舞台裏
エンジニアのみなさん、こんにちは! テックハニーきゃんちです。ようやく夏の暑さもひと段落して、まさにこれからが外での活動のベストシーズン! そしておかげさまで今回の訪問が記念の30社目!! 私も今後、ますます気合を入れてエンジニアさんの職場に突撃しちゃいます☆

さて、今回突撃するのは、モバイル音楽配信サイトで有名な企業さん。私もよくアニソンなどダウンロードして聞いているので、その開発の舞台裏は気になります。 ではさっそく、行ってきます♪

今回訪問した企業:株式会社エムディーアイ
1996年設立。着うた(R)、着うたフル(R)で有名な「music.jp」をはじめ、「お天気予報」「まっぷるガイド」などの生活情報系サイトや「デコとも」「comic.jp」などのエンターテインメント系サイト等、さまざまなモバイルサイトを運営している。
http://www.mti.co.jp/
■今回案内役のエンジニアプロフィール
・大坪貴洋さん(28歳)
開発センターIT業務統括部 プロジェクト支援部テクニカル・リーダーである大坪さん。社内のビリヤード部に所属して月に1回汗を流す、おしゃれなエンジニア
・中村親護さん(37歳)
開発センターサイト開発統括部 コンテンツ開発2部部長の中村さんは入社6年目で、MTIとして初の無料サイトの開発に取り組むなど、常に新しい技術導入にチャレンジしていくエンジニア。
・大泉豊さん(32歳)
(写真左から二人目)
開発センター社内システム開発部 部長代理の大泉さんは社内のフットサル部に所属して、社長とともに活動中。今後の目標は肩書にある「代理」を外すこと?

■3つの職場の魅力No.1 テスト機種は600以上? テスト業務の魅力
きゃ: こんにちは、テックハニーきゃんちです!早速ですが、まず、大坪さんの仕事について教えてください。

大坪: はい、私は主に「music.jp」や「デコとも」など当社が運営するサイト開発のテスト工程の見直しや評価などを担当しています。実は当社に入社するまで、テストも含めたエンジニアの業務経験がまったくなかったので、特に入社当時はいろいろ苦労しました(笑)。

きゃ: まったくの未経験!

大坪: ええ。特にテスト工程業務は単にモバイルサイトの動作をテストすればいいというものではないんです。一つひとつの機能がどういった考えで開発・設計されているのかというバックグラウンドを深く理解してなければ、正確なテストや評価はできません。

きゃ: それだけ大変な業務を大坪さんはもう6年もご担当されてきたわけですけど、それだけ長く続けられてきたのは、どんなところにあるんでしょう?

大坪: そうですね。とにかく根気強く、サイト開発にかかわるあらゆることを少しずつ勉強してきた成果だと思っています。それに当社は大きなサイトを運営している割にはアットホームでチームワークがいいんです。だから、気軽に周りのテスト部隊や開発部隊などに声をかけながら、助けてもらったり、刺激を受けられる環境なのも、大きいですね。

きゃ: 確かに職場を見渡してみても、開放感があって周りの人と気軽に話しやすい環境ですよね。ほかにもテスト業務の特徴って何かあったりするんですか?

大坪: 当社はモバイルコンテンツを運営していますから当然、テストも実際に携帯電話を使って検証・評価するわけですけど、どんな機種であっても正常に動作する必要があるんですね。そこでうちには過去〜最新機種まで、600機種以上の携帯電話を取りそろえているのも、特徴かもしれません。

きゃ: 600機種! 上の写真ではそのうちの数機種を持ってきていただいたんですが、何年も前の機種もあって、懐かしい〜。

大坪: ただ新規で立ち上げるサイト以外の普段の業務では、さすがに600機種すべてのテストはしないですけど(笑)。
でもこれだけ多く取りそろえているところはそんなにないと思いますよ。

きゃ: 携帯の博物館でも開けばいいのに(笑)。なんかもったいないな〜。
……と話がそれましたけど、大坪さんにとってテスト業務の魅力ってなんですか?

大坪: テストをすることで、開発の問題点や効率を改善することに大きく貢献できることですね。それに当社のサイトは多くのユーザーの皆さんに支えられていますので、そのユーザーの皆さんが楽しく快適に利用してもらえるようにテストすることは、大きなモチベーションにもなります。

きゃ: 私もその多くのユーザーの中のひとりとして、ぜひ大坪さんには今後も頑張ってもらいたいです☆

■3つの職場の魅力No.2 社内初の無料サイトの立ち上げ スピーディな新規開発に携われる
きゃ: 中村さんは、サイトの開発を担当されているということですが、どんなサービスの開発を担当されているんですか?

中村: 現在、「デコとも」「ログとも」という2つの無料サイトの開発を担当しています。
「デコとも」は、デコレーションメール素材を提供するサービスで、「ログとも」はブログをデコレーションして楽しめるSNSサービスになります。ちなみに「デコとも」は現在、330万人以上の会員数の国内最大級のデコメサイトです。

きゃ: 早速、私も「デコとも」のサイトを見させてもらっていますが、にぎやかですね〜。

中村: ええ、やはりデコメユーザーの多くは若い女性の方ですから。

きゃ: 若い女性ユーザーの多いサイト開発に携わるのって、また別の難しさがありそうですね(笑)。

中村: まあ実際に大変なのは、開発よりもサイトを企画する部門だと思いますが……。ただ開発の立場からすると、この「デコとも」の立ち上げはとても大変だったんですよ。

きゃ: そのへんのところ、詳しく聞かせてください!

中村: もともと当社は「music.jp」など有料サイトをメインに提供していたのですが、この「デコとも」で初めて無料サイトを立ち上げました。そこで無料サイトならではのシステムや企業の広告を表示し、ユーザーの皆さんにクリックしてもらう仕組みなどを構築することに。しかも1カ月半という短期間で立ち上げるという制約もありました(笑)。

きゃ: 1カ月半で!? よくそんな短期間でできましたよね?

中村: それは先ほども大坪が話していたように、社内での協力体制がしっかりしているところが大きいですね。私の場合ですと特に企画部門と密に連携し合って迅速に対応できたことで、短期間で無事、立ち上げることができたと思っています。

きゃ: やはり社内のコミュニケーションって本当に重要なんですね。私も今までいろんな職場を訪問しましたけど、どの職場のどのエンジニアの方も同じように言っていました。

中村: おかげさまで今では330万人以上のユーザーの皆さんに支えられるサイトに成長しましたし、ユーザーの声がダイレクトに届いてくるのも、次の開発への意欲になります。

きゃ: 新しい開発に意欲を燃やす中村さんやエンジニアの方って、とても頼もしいです☆……≫続きはこちら

■関連リンク
livedoor キャリア