「1万年と2000年前から愛してる」の歌詞が有名になったアニメ「創聖のアクエリオン」や劇場版が予定されているマクロスF」をてがけた河森正治監督の新プロジェクトが東京国際映画祭で発表されたそうです。

斬新なメカデザインでも有名な河森監督ですが、新プロジェクトのサイトで現在公開されているムービーにはロボットらしき姿とバスケットボールの存在が確認できるようになっています。一体今度はどのような映像作品が作られるのでしょうか。

詳細は以下から。
【バスカッシュ!】河森正治NEWプロジェクト始動! (サテライト日本語サイト)

公式サイトでは謎のカウントダウンがされています。
BASQUASH.com


公開されているムービーは2つ。1つは靴を履いたロボットの足のようなものが揺れているムービー。


もう1つはNIKEのマークが入ったバスケットボールが跳ねるというもの。


どちらのムービーも最後にバスケットボールを持ったロボットらしきシルエットのロゴマークが出てきます。


河森監督は以前に日産の新型車「デュアリス」のCM用にパワードスーツのメカデザインをしたこともありますが、今度はNIKEのCMにロボットが登場するのでしょうか。

・関連記事
「劇場版マクロスF」始動、マクロスF最終回放映直後に発表 - GIGAZINE

「マクロスF」のパラレルな超社内現代ストーリー「マックロッスfufonfia」、期間限定で全話無料配信中 - GIGAZINE

ピザハットの新商品「タルタルチキン南蛮」をマクロスFピザボックスで注文 - GIGAZINE

マクロスFとコンビニのコラボシュークリーム「ランカのデリシャス でかる茶シュー」試食レビュー - GIGAZINE

記事全文へ