巨匠・小池一夫が喝!「俺がマンガ界の総理になる!!」

写真拡大

 相次ぐ休刊、作家と編集者の軋轢、書店の衰退......はたして"マンガ"はどこへいくのか?

 原作者として『子連れ狼』『クライング フリーマン』などのヒット作を生みだした稀代のヒットメーカーにして、無数のクリエイターを育ててきた"マンガ界の父"でもある小池一夫が、混迷する現在のマンガ界に喝を入れる! 心して聞くべし!

──ここ数年、有名マンガ雑誌の休刊が相次いでいますが、この状況をどう感じていますか?

【小池一夫(以下、小池)】 とにかく、日本のマンガ界に危機的な状況が迫っていますよ。雑誌の休刊もそのひとつです。大手マンガ誌は15万から20万部は売れないと制作費のモトが取れないんですが、それが厳しくなっている。原稿料が高いなど、雑誌ビジネス不調の原因は多々あるけど、キャラクターのライツマネジメントがちゃんと展開されていないのが大きい。日本のマンガ界......"マンガ村"がそういうことを考えてこなかったからね。

──小池先生は30年以上も前から「劇画村塾」(77年に開講した、マンガ家やマンガ原作者の養成塾)といった独自の場を設けて、キャラクター論などいろいろと教えてこられていますよね。

【小池】 ずっと教えてきてます。マンガは、面白いキャラクターがあれば売れるんです。『北斗の拳』の原哲夫、『うる星やつら』の高橋留美子だってそう。『ドラゴンクエスト』も、『じゃりン子チエ』も、『あずみ』も、『グラップラー刃牙』も、劇画村塾で僕が教えた「マンガはキャラクターが命だ」という発想から生まれてると思いますよ。だから、もっとマンガ村を作り上げてきた長老の言うことを聞かなくちゃいけない。長老がみんな死んじゃってるでしょ。手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、梶原一騎、藤子・F・不二雄......残ったのは僕とさいとう・たかをと安孫子素雄(藤子不二雄A)ぐらいだよ(笑)。その中で、若い人たちに教えてるのは僕ぐらいでしょ?

──「若い」といえば、先ほど(取材前)も小池先生の会話の中に「ミクシィ」っていう単語が普通に出ていて、ビックリしたんですよ(笑)。

【小池】 今の世の中の流れの中に身を置いておかないとね(笑)。今だって、僕はマンガ雑誌も全部読むし、マンガのイベントにも行くし。アメリカやフランスなど海外のイベントにも、自分の作品の原画を持っていって展示して。でも、日本ではイベントそのものがない、誰もやろうとしないんだよ! もちろん、『デスノート』や『ナルト』を海外に売るところまではやってます。でも、マンガ文化そのものを啓蒙して、しっかり育てていかないと。今、マンガやアニメを中心としたコンテンツ産業の経済規模は年間13兆円っていわれてるんですよ。鉄鋼業が3兆、自動車業界が20兆です。これだけのお金を稼いでいるんだから、それをどう進めるのか考えなきゃまずい。なのに、日本マンガ界がそういったことに対して、あまりにも非協力的なんですよ。

──最近はわりとマンガ関係の文化事業の話も聞きますが......やはりまだ非協力的ですか?

【小池】 表面では「協力する」って言っても、実質的には協力してない。例えば海外のイベントにマンガ家を連れて行こうとしても、編集者が専属契約で抱えてるから、「締め切りに遅れる」とか言って、外に行かせない。今、世界中で消費されているコンテンツのほとんどは、先人たちの「遺産」でしょ。僕の『子連れ狼』もそう。それが飽きられたら、次に何が残るのか。それこそ『デスノート』や『ナルト』とか、わずかな作品しかない。そのためにも若い才能を発掘して、育てて、世に出さないと、と思ってるんです。50歳を越えて、マンガが売れて、余裕の出てきたような連中が、もうちょっと後進を育成していかないと。誰とは言わないけどね(笑)。