勝利の笑顔の二人

写真拡大

<全日本テニス>
7日目/20日/東京・有明テニスの森公園/混合ダブルス準決勝

 昨年の大会では、男子ダブルスで寺地貴弘と、混合ダブルスで不田涼子とペアを組み二冠を達成しているトーマス嶋田。今大会ももちろん連覇を狙い、混合ダブルスでは中村藍子とペアを組み、満を持して挑む。

 中村は女子シングルスの決勝を終え、今日二試合目となるが、その疲れも見せずトーマス嶋田との見事なコンビネーションを見せた。さすが、ダブルスのタイトルを数々ものにしてきたトーマス嶋田!彼のネットプレーは超絶妙!そのネットプレーに中村のつなぎのテニスが噛み合わさると無敵!としか言いようがない。吉川・道慶ペアはトーマス・中村ペアの前に全く手が出ない状態。終わってみればわずかトーマス・中村ペアは3ゲームしか落とさず、快勝で決勝への階段を駆け上がった。

トーマス嶋田・中村藍子○(6−2・6−1)●吉川敦文・道慶知子