2008年4月から放送されたアニメ「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」は続編「ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜」の制作がすでに決定していましたが、2009年1月から放送が始まることが明らかになりました。

「幻の塔」を目指すジルたちの新たな冒険は果たしてどんなものになるのでしょうか。

詳細は以下から。
キービジュアルはこんな感じ。ファティナを抱えるジルというのは前作の最終話のイメージそのまま。


前作のラストではジルたちは塔頂を果たしますが、カーヤが裏切ってニーバとともに「幻の塔」へと消えていくという衝撃の展開でした。本作では、失意のジルが謎の少女カイと出会って、再び"塔頂者"となって果てしない塔に挑むという物語が描かれます。ニーバに裏切られた形のファティナも塔のツアーガイドをしていたものの、ジルと共に再び塔に挑むことになります。

スタッフ&キャストは以下の通り。

原作:バンダイナムコゲームス「ドルアーガの塔」
監督:千明孝一
スーパーバイザー:遠藤雅伸
シリーズ構成・脚本:賀東招二
キャラクター原案:白亜右月
メインキャラクターデザイン:高岡じゅんいち
キャラクターデザイン:山形厚史
モンスターデザイン:丹澤学
ドルアーガデザイン:草琢仁
総作画監督:藤澤俊幸、高岡じゅんいち
プロダクションデザイン:小林誠
色彩設計:内林裕美
撮影監督:石黒晴嗣
音響監督:郷田ほづみ
音楽:元仁
編集:肥田文
アニメーション制作:GONZO
製作:イズミプロジェクト

ジル:KENN
カーヤ:折笠富美子
ニーバ:櫻井孝宏
ファティナ:堀江由衣
メルト:郷田ほづみ
クーパ:茅原実里
ウトゥ:安元洋貴
ギルガメス:土師孝也
カイ:矢島晶子
サキュバス:ゆかな
ケルブ:てらそままさき
エタナ:水野理紗

以下は前作のスチル画像になります。再び塔に挑むことになるジル。


目的を胸に秘めて「幻の塔」に登っていったニーバ。


ジルを裏切り、ニーバについていったカーヤ。


ニーバに裏切られた形のファティナ。


カーヤやニーバの前に姿を見せていたサキュバス。


「幻の塔」とは一体何なのか?


© NBGI/イズミプロジェクト

・関連記事
「鋼の錬金術師」、テレビアニメ新シリーズが2009年放送開始予定 - GIGAZINE

ドラゴンマガジンで全力展開中の「鋼殻のレギオス」、2009年1月からのアニメ化が決定 - GIGAZINE

2009年1月からアニメ「マリア様がみてる」4thシーズンの放送が決定 - GIGAZINE

鉄腕アトムとガッチャマン、2009年にフルCGアニメ映画として全米公開へ - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」には妄想炸裂の表1話とリアルを突きつけられる裏1話がある - GIGAZINE


記事全文へ