ブラジル・メディアは「F1マクラーレンのルイス・ハミルトンが、ブラジルの英雄アイルトン・セナを超えたとコメントした」と報じたことに対し、ハミルトンはこの報道を直ちに完全否定した。

「セナは憧れのドライバーであり、俺がそんなことを言うはずがない。彼は歴代ナンバー1に値する人物であり、彼を超えるドライバーは未だ現れていない。彼の伝説に少しでも近付くことができれば嬉しいが、他人と比較して自分の方が優れているという類の発言は絶対にしない」とハミルトン。

「しかし、 F1ドライバーである以上はタイトル獲得を信じて戦わなければならない。他のドライバーより勝りたいという思いは常にあるが、それは自分がナンバー1だと意味しているわけではない」と困惑気味に話した。