12日のF1第16戦日本GPで、第15戦シンガポールGPに続き2連覇を達成したルノーのフェルナンド・アロンソが、去就について語っている。

スペインの一部メディアがフェラーリ移籍の可能性を報じたことについて「来季フェラーリへ移籍する可能性はゼロだ。また、今は去就について語る適切な時期ではなく、焦る必要もない。現在好調を維持しており、今は残された2戦に集中したい。今季が終了すれば、来季どのチームで戦うかを正式に発表する」とアロンソ。

一方、ワールドチャンピオンシップを争うマクラーレンのハミルトンとフェラーリのマッサについては「フェラーリが勝つことを願っている。昨シーズンのマクラーレンでの待遇を忘れることはできない。出来ることならマッサの手助けをしたい」とコメントしている。