先日GIGAZINEでHDDが80GBになった新型のPS3が10月30日に登場することをお伝えしましたが、それに伴って40GBモデルが10月10日(金)からオープン価格となりました。

そしてこれを受けて、ついに処分価格で販売を行う一部店舗が出てきた模様。価格によっては狙い目かもしれません。

詳細は以下の通り。
価格.com - SONY プレイステーション3 HDD 40GB セラミック・ホワイト(CECHH00 CW) 価格比較

大手価格比較サイト「価格.com」によると、通常3万9800円で販売されているPS3のセラミック・ホワイトモデルが10月9日20:08から3万3600円で販売されていたようです。

価格変動グラフはこんな感じ。一気に下落しています。


まだクリアブラックサテン・シルバーに変化は無いようですが、新型が発売される10月30日までにはもっと価格が下落しているのかもしれません。

なお、40GBモデルが当初販売されていた価格と同じ3万9800円で登場する新型の80GBモデルですが、別売りだった振動コントローラー「DUALSHOCK3」と「グランツーリスモ5 プロローグ SpecIII」が同梱されて低消費電力となっているとのことなので、価格を優先するかどうかが迷いどころかもしれません。

・関連記事
PSP-2000の処分セールが開始、お値打ち価格に - GIGAZINE

ソニー、PS3に他社を圧倒するような複数の大作ソフトを制作中 - GIGAZINE

ついにPS3単独でエミュレータが動作可能に、導入も簡単 - GIGAZINE

ソニー、ついにPS3でデジタル放送を録画できる「PlayTV」を発売へ - GIGAZINE

旧世代機の逆襲、PS2でYouTubeやHDDに保存したあらゆる動画の視聴が可能に - GIGAZINE

記事全文へ