東京ゲームショウ2008のセガブースで、名作サウンドノベル「街 〜運命の交差点〜」の続編を思わせる、渋谷を舞台とした実写サウンドノベル「428 〜封鎖された渋谷で〜」がプレイアブル出展されており、プレイした人には豪華な体験版が配布されるということで、突撃してみました。

詳細とムービーの再生は以下から。
列の最後尾には体験版の見本が。


ブース内は何やら怪しい雰囲気。


ヘッドホンをつけてプレイするので音もよく聞こえます。


ゲームはこんな感じで始まります。


10分ほどすると試遊終了。帰りに体験版がプレゼントされます。


パッケージ裏面。


中身はこんな感じ。トールケースに入っていて豪華な仕上がりの体験版になっています。


4月28日に渋谷にいた様々な人の視点を体験するというこのゲーム。シナリオの中には「Fate/stay night」や「空の境界」などの奈須きのこが脚本を、武内崇がキャラクターデザインを担当したボーナスシナリオもあるとのこと。また、すでにアニメ化も決定しているそうで、今後の動きが気になるゲームです。

・関連記事
東京ゲームショウ2008開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

記事全文へ