家庭用ゲームハードの製造から完全に撤退し、ファンに熱望されながらも「ドリームキャスト2を作る予定はない」とコメントしているセガからゲームもできるモバイル機が出るという噂が流れています。

国内初のカラー液晶を搭載した携帯ゲーム機「ゲームギア」やモデムをつけることで通信対戦ができた「セガサターン」など、今では一般的になっている機能をいち早く取り入れているものの、電池が持たなかったり、インターネットがあまり普及していない時期だったりして、「時代を先取りしすぎる」とも評されるセガですが、一体どんなものを出そうとしているのでしょうか。

詳細は以下から。
Rumorong: Sega not releasing portable game hardware - Joystiq

Unofficial RPG Site - News: SEGA: Vision is real, not a PSP rival

ポータブルテレビ、ムービープレーヤー、音楽プレーヤー、デジタルカメラ、ビデオカメラ、電子書籍リーダー、ボイスレコーダー、ゲームの機能が搭載されたマルチプレーヤー「SEGA VISION」。


SEGA VISIONはあくまでポータブルメディアプレーヤーであり、ニンテンドーDSやPSPに対抗するような携帯ゲーム機ではないそうで、SEGA USAは「確かに投入予定をしているハードだが携帯ゲームハード業界に行くつもりはなく、ソニーや任天堂のライバルにもならない」と答えているとのこと。SEGA VISIONで動作するのは携帯電話のゲームのようにJavaベースのゲームとなるようです。

イギリスでは来年には出る予定があるそうですが、日本でも登場するのでしょうか。

・関連記事
セガ、「ドリームキャスト2を作る予定はない」とコメント - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

シャープ、ソフトバンクモバイル向けに本格的な「ゲーム機ケータイ」を発売か - GIGAZINE

携帯ゲーム機の全世界販売台数ランキングワースト10 - GIGAZINE

記事全文へ