バンダイから、楽しみながらウォーキングを継続できる歩数計として「遊歩計 宇宙戦艦ヤマト〜歩いてイスカンダルへ〜」と「遊歩計 母をたずねて三千里〜お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!〜」の2種類が新発売されるとのこと。それぞれ14万8千光年(約140京80兆キロメートル)、あるいは三千里(約1万2000キロメートル)歩かなくてはならない……らしい。

目標歩数を歩くと、それぞれのアニメの世界観を生かしたイベントが発生し、ストーリーが進行する仕組み。また、目標地点までの到達日数は「90日間」となっており、自分の決めた毎日の目標歩数とその達成状況によってエンディングが変わるとのこと。

価格や詳細は以下から。
14万8千光年歩く?!三千里歩く?!エンタ-テインメント歩数計 『遊歩計(ゆうほけい) 宇宙戦艦ヤマト〜歩いてイスカンダルへ〜』 『遊歩計(ゆうほけい) 母をたずねて三千里〜お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!〜』 2008年12月6日(土)2種同時発売 | バンダイ | プレスリリース

遊歩計Webサイト

価格はいずれも4725円(税込)で、2008年12月6日発売。大きさは縦68mm×横45mm×高さ15mm、重さは約38グラム(電池含む)。

「宇宙戦艦ヤマト」はとにかくストーリーモードがネタみたいなものをマジで盛り込んでいるため、すさまじい内容に。イスカンダルまでの残光年数や地球滅亡までの日数、さらに歩数を波動エネルギーに変換して波動砲を発射するということも可能。なかなか面白そう。


で、「母をたずねて三千里」はこんな感じ。


ストーリーに応じてちゃんとファッションも変わるらしい


また、本格的な歩数計としての機能も充実しており、バッグやポケットに入れたままでの計測が可能な3Dセンサー(3軸加速度センサー)搭載のほか、厚生労働省により策定された「健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)」の身体活動基準値である「METs」と「エクササイズ」を採用。他にも、専用無料Webサイトとの連動によって、ネット上で歩数や体重の増減などのグラフ化といった健康管理も可能で、キャラクターから健康に関してのアドバイスも受けられるそうです。

・関連記事
歩いている途中でほどけない靴ひもの結び方いろいろ - GIGAZINE

歩くだけで携帯電話を充電できるウェアラブル発電機が登場 - GIGAZINE

歩いた距離をタクシーのように料金表示する歩数計「タクシーウォーカー」 - GIGAZINE

押すと自分で歩いて移動し始める机 - GIGAZINE

ウミユリが長い体を引きずりながら、腕を使って歩くムービー - GIGAZINE


記事全文へ