コナミより11月27日発売されるXbox360版「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009」(以下「ウイイレ2009」)のプレアブルデモが10月1日、北米のマーケットプレイスにて公開された。

「ウイイレ2009」のデモ版では、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールのほかに、ライセンスを取得したレアルマドリード、バルセロナといったクラブチームとイタリア代表、フランス代表でプレイが可能。新しい物理学ルーチンや新たにモデリングを採用して、ボールの動きやプレーヤーの動きなどが、より現実的になったようだ。

今回のデモ版をダウンロードするには、北米のアカウントを持っていて、なおかつゴールドメンバーシップに課金している必要があるが、北米のアカウントさえ持っていれば、1週間程度で誰でもダウンロードできるようになる。今のところ日本での配信の予定はないが、10月9日から12日(一般公開日は11日、12日)に開催される「東京ゲームショウ2008」のコナミブースで「ウイイレ2009」のプレイアブルデモが出展されるので、気になる人は「東京ゲームショウ」に足を運んでみてはどうだろう。

(編集部:Cyndi)
 
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!