「みんなのシアターWii」のデモ画面。アニメ、映画、ドラマ、バラエティ音楽など、家族で楽しめるコンテンツが中心だ
 CEATEC JAPAN 2008では、富士ソフトがWii向けのVoDサービス「みんなのシアターWii」のデモンストレーションを行っている。サービスは12月から開始する予定。

 みんなのシアターWiiは、Wii向けのソフトウェア「Wiiウェア」をダウンロードすることで楽しめるVoDサービス。料金の支払いにはWiiポイントが利用でき、Wiiウェアのダウンロードは500ポイント(500円)、コンテンツは100〜400ポイントとなっている。

 当初は500タイトル、将来的には2,000タイトルのコンテンツを揃える計画。Wiiのコンセプトと同じく、リビングにて家族が楽しめるアニメ、映画、ドラマ、バラエティ、音楽のコンテンツが中心だ。

■関連ニュース
【CEATEC JAPAN 2008 Vol.3】Windowsはあらゆる壁を取り払いあらゆるデバイスを接続する
【CEATEC JAPAN 2008 Vol.2】ディスプレイとキーが分離する携帯電話「セパレートケータイ」
【CEATEC JAPAN 2008 Vol.1】デジタル家電の総合イベント開幕!
KDDI研と東大、端末をかざして見通す「実空間透視ケータイ」を共同開発
KDDI研、携帯電話用カメラで動きやジェスチャを認識する「直感コントローラ」開発