10月9日(木)〜12日(日)にかけて開催される「東京ゲームショウ2008」において、ソニーが未発表のPS3ソフト11本を含めた40本以上のソフトをプレイアブル出展することを明らかにしました。

すでにスクウェア・エニックスが「ファイナルファンタジーXIII」カプコンが「ストリートファイターIV」「モンスターハンター3」といった有力タイトルを出展することを明らかにしていますが、いったいどのようなタイトルが発表されるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | 「東京ゲームショウ2008」ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンブース出展のご案内

このリリースによると、ソニーは「東京ゲームショウ2008」において、未発表のPS3向けソフト11本、PSP向けソフト3本を含めた40本以上のソフトをプレイアブル出展するそうです。また、発売前の「PSP-3000」で新作タイトルを試遊することも可能とのこと。

これがプレイアブル出展予定となっているPS3向けタイトル一覧。さらにソニー・コンピュータエンタテイメントから9本、コナミデジタルエンタテインメントから1本、アイレムソフトウェアエンジニアリングから1本の未発表タイトルが出展予定。


プレイアブル出展予定のPSPソフトはこんな感じ。さらにソニー・コンピュータエンタテイメントから未発表タイトルが3本出展されるとしています。


他社にとって凶報となるような複数の新作ソフトを制作中であるとされるソニーですが、はたして今回発表されるタイトルの中には含まれているのでしょうか。

すでに任天堂が新型のニンテンドーDSを年内に発売する予定とされているほか、マイクロソフトもXbox360の本体価格の値下げに踏み切っていますが、ゲーム会社各社は年末商戦に向けて着々と準備を進めているようです。

・関連記事
やはりPS3の新型は登場間近か、ゲームショップへの入荷数に独特の動き - GIGAZINE

ソニー、40GBモデルの新型PS3にもアップデートでPS2との互換性を搭載か - GIGAZINE

ついにPS3単独でエミュレータが動作可能に、導入も簡単 - GIGAZINE

容量最大32GB、PSPの記録容量を超安価で拡張できるアダプタ登場 - GIGAZINE

旧世代機の逆襲、PS2でYouTubeやHDDに保存したあらゆる動画の視聴が可能に - GIGAZINE

記事全文へ