以前GIGAZINEで海外で新型のPS3が発売されることや、それを裏付けるかのように現行モデルが値下がりしていることをお伝えしましたが、ゲームショップへの入荷にも独特の動きを見せ始めているそうです。

また、ソニーは過去にも新型のハードウェアを発表する前に同様のことを行っていたとのこと。

詳細は以下の通り。
本体の入荷台数が減ってきているのでそろそろ動きがあるのかな|ゲーム屋さんのお店だより プリニー落とし編

このゲームショップの店員が書いているブログによると、現在PS3の入荷台数が大幅に減ってきているそうです。そして今までの例から考えると、ソニーは新型の発表前に少しずつ出荷数を減らしており、その後に新型を投入しているとのこと。

また、値下げをする場合は40GBモデルが発表された際の60GBモデルや20GBモデルの時のように、現在販売されている40GBモデルの在庫だけ値下げして、完売まで販売を行うことになりそうだとしています。

すでにソニーは9月2日に年末商戦に向けて最高クラスの液晶を搭載した「PSP-3000」を発売することを発表していますが、近いうちにPS3に関する何らかの発表が行われるとするならば、やはり「東京ゲームショウ2008」で行われるのでしょうか。

・関連記事
ソニー、未発表のPS3ソフト11本を含めた40本以上のソフトを「東京ゲームショウ2008」にプレイアブル出展へ - GIGAZINE

ソニー、PS3に他社を圧倒するような複数の大作ソフトを制作中 - GIGAZINE

容量最大32GB、PSPの記録容量を超安価で拡張できるアダプタ登場 - GIGAZINE

旧世代機の逆襲、PS2でYouTubeやHDDに保存したあらゆる動画の視聴が可能に - GIGAZINE

ついにPS3単独でエミュレータが動作可能に、導入も簡単 - GIGAZINE

記事全文へ