「ウイニングイレブン」シリーズと双璧をなすサッカーゲーム「FIFA 09 ワールドクラスサッカー」(以下、「FIFA09」)が11月13日、Xbox360とプレイステーション3で発売される。
これに伴い、FIFAとエレクトロニック・アーツ、そしてソニーが協賛の「FIFA Interactive World Cup」 が今年も開催することが決まった。


879159_medium.jpg

fifa09_rooney.jpg

「FIFA Interactive World Cup」とは、アメリカのエレクトロニック・アーツ主催のFIFA公認のサッカーゲームでのワールドカップ。サッカーゲームでの世界一を決めるこの大会、今年は「FIFA09」プレイステーション3版が採用された。FIFAシリーズはシリーズを重ねるごとに完成度を高め、コナミの「ウイニングイレブン」シリーズに追いつき追い越せのところまできている。前作である「FIFA 08」では、5対5でのオンライン対戦プレイが実現したが、「FIFA 09」ではさらにゴールキーパー以外の10対10での対戦プレイや実際の選手データを元に、毎週データを更新できる機能などが多く盛り込まれていて注目を集めている。

予選は大陸別でオンライン予選が行なわれるが、Playstation Networkのリーダーボードのランキング上位が本選の切符を手に入れることができる。大陸別に枠が定められており、アジア枠はふたつしかないので非常に狭き門だ。このほかにもトーナメントでの予選が用意されており、最終的に32名で本選を争うこととなる。本選では1グループ4名が8グループに分かれ対戦し、上位2位が決勝トーメントに進めるわけだが、これは実際のワールドカップの形式と同じだ。また、5分ハーフ、負傷あり、オフサイドあり、カメラ設定の固定といったルール設定もあり、参加者全員が同じ条件で対戦することになる。

尚、大会の優勝者は、「インタラクティブ最優秀選手」として授賞式の招待と賞金2万ドルが贈られる。昨年の本大会はドイツで開催されており、その模様は公式ページでスクリーンショットやビデオで紹介されているのでチェックしてみるといいだろう。

実際のワールドカップ以上に予選が厳しいが、世界一の称号を得るために挑戦してみてはどうだろうか?

(編集部:Cyndi)
 
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!