以前GIGAZINEで新型のニンテンドーDSが近いうちに登場するかもしれないことをお伝えしましたが、なんと高機能化された新型が年内に登場することが明らかになりました。

携帯ゲーム機で競合しているソニーもクリスマス商戦に向けて携帯ゲーム機としては最高クラスの液晶を搭載して価格を据え置いた「PSP-3000」を発売することを明らかにしていますが、新型のニンテンドーDSはいったいどのようなモデルとなるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
任天堂DSにカメラ・音楽再生機能を追加──年内に新型機、2万円以下 | 日経ネット関西版

日本経済新聞社の報道によると、任天堂は年内にニンテンドーDSの新型機を投入するそうです。

投入される新型機は無線通信機能を強化しており、公衆無線LANを使って店舗情報やニュースなどのコンテンツを受信できる情報端末としての利用も想定されているほか、従来よりも大きくなった液晶画面やカメラが標準搭載されることで、撮影した画像をゲームに活用するといった使い方も考えられているとのこと。

また、SDメモリカードスロットが搭載されることで、Wiiとデータのやりとりが可能になることに加えて、従来は周辺機器「プレイやん」シリーズでサポートしていた音楽再生機能も利用できるようになるとしています。

なお、気になる販売価格ですが、1万6800円で販売されている現行の「ニンテンドーDS Lite」と同じく2万円以下となるとしており、日本で数十万台規模を先行販売するそうです。

いったいどんなデザインになるのかが気になりますが、10月2日に開催される「任天堂コンファレンス2008秋」にて、何らかの詳細が明らかにされるのでしょうか。

・関連記事
任天堂、ついに「マジコン」を輸入または販売している複数の業者を一斉提訴 - GIGAZINE

記録容量は数百GB、任天堂の次世代ゲーム機はホログラフィックストレージを採用か - GIGAZINE

父親にWiiを取り上げられた少年、激怒して自ら命を絶つ - GIGAZINE

ついに複数のゲーム会社が違法ダウンロードユーザー2万5000人に対して法的措置へ - GIGAZINE

記事全文へ