伝説の性教育OVA『ないつぼ』の気になる中身

写真拡大

 現在も学年誌『小学五年生』(小学館)で連載中の児童向け性教育マンガ『ないしょのつぼみ』(やぶうち優/以下、ないつぼ)。マンガを通じて性の知識を児童に楽しく教えるのが本来の目的だったはずが、初めてのブラジャーや生理に戸惑う主人公・つぼみちゃん(小学5年生)がロリコン層のハートに着火。主な客層が20代以上のマンガ専門店では特典付きで積極的に売られるなど、今ではすっかりおっきいお兄ちゃんたちのバイブルに......という伝説の作品である。

 そんな、思わぬところで物議を醸した問題作『ないつぼ』が、今度はOVA(オリジナルビデオアニメ)化され、4〜6月までの間に毎月1枚ずつDVDがリリースされた。1枚3990円もするDVDを児童が買うかは甚だ疑問だが、パッケージの裏面には「本作品シリーズは性器の呼称や描写など、性的な表現がされている箇所がございます。教育目的であることをご理解のうえ、予めご了承ください」と表示されていたり、特典に医師のオーディオコメンタリーを付けているところからすると、製作側は「本製品はあくまで教育目的」と主張したいようだ。

 以前、このOVA『ないつぼ』を紹介すべく販売元のハピネットに取材を申し込んだのだが、そのときも「18禁の広告を扱っている媒体はすべてお断りしています」と取材拒否された。たとえ18禁広告を扱っていない媒体であっても「原稿は一字一句、チェックさせていただいている」という厳しい条件付きだったことから、マンガが予期せぬ方向で騒がれてしまったことを受けてか、OVAの露出の仕方にはかなりデリケートになっている様子が伺えた。

 であれば、その中身はきっと真面目な性教育OVAになっているに違いない! ......との思いで、第1巻の本編をチェックしてみたところ、「つぼみちゃんがパンツ一丁で立ち尽くすシーン」や「トイレの中でパンツをグイッと下ろすシーン」など、おっきいお兄ちゃんたちが喜びそうな数々の名シーン(?)に遭遇。原作のストーリーの流れを汲んでいるとはいえ、作り手側に教育目的以外の"何か"狙いがあるように感じられてしまうのは、筆者が薄汚れた大人になってしまったせい!?

 都内にある数店舗の大型販売店に話を聞いてみると、やはりOVA『ないつぼ』の主な購買層は20〜30代の男性が中心であるらしい。ロリ系のマンガ・アニメを児童ポルノ法の対象にしようという動きが活発化しているが、こんなあらぬ誤解を招きそうな『ないつぼ』が心配です。
(アボンヌ安田)


【関連記事】 「マナー守って楽しいロリータ」 内省するロリコン誌の主張!
【関連記事】 「ねーお兄ちゃん!!」な萌え系ラップユニットに大注目!
【関連記事】 ネットで大人気「眞子様萌え」! 宮内庁は困惑気味?
【関連記事】 年間100億円以上! アニメが支える東宝の"独走"状態
【関連記事】 眼鏡、スーツに続く、次なる「萌え男子」は「チーム男子」!
【関連記事】 ニフティ初の"萌え"「ブログ妖精ココロ」で打倒Yahoo!なるか?
【関連記事】 "萌え"の力が教育を変える? ベネッセが最終兵器を投下!
【関連記事】 「客もドラマに参加したい!」兄弟カフェ"2.5次元萌え"の世界
【関連記事】 もはや一線を越えてる!? 『ロリ−タドール』DVD驚愕の中身!