悪評飛び交う中田英寿所属事務所の″偽善系″仕事術

写真拡大 (全2枚)

 トップアスリートが生む感動をカネに変え、ついに上場企業となったサニーサイドアップ。しかし、その一方では、同社のやり方は"偽善錬金術"だと揶揄され、湯水のごとく、悪評が湧いているという。テレビ関係者、プロダクション関係者の証言を元に、その裏事情を探る。

 現在、証券アナリストの間で注目を浴びている会社がある。大証の新興企業市場ヘラクレスに株式を上場したサニーサイドアップ(以下、SSU)だ。9月5日の上場初日、初値は公開価格の2800円を下回る2760円だったが、その後は買い注文が殺到し、値幅制限いっぱいのストップ高(3160円)で上場初日の取引を終えた。

 SSUというPRマネジメント会社が発足したのは85年のこと。もともとは企業の商品やサービスをPRする事業が主であったが、90年代に入ってからスポーツビジネスに進出。そして、一気に飛躍を遂げた要因は日本サッカーの異端児・中田英寿の存在であった。95年にマネジメント契約を結んで以来、中田と絶大なる信頼関係で結ばれたのが次原悦子社長。中田が世界の舞台を駆け上がるとともに、SSUと同社長も業界内での力を増していくことになった。98年に「nakata.net」という中田自身のHPを立ち上げ、彼の言動や肖像権をSSUが管理。ただでさえ無類のマスコミ嫌いの中田だけに、彼の発言は希少価値が付き、同HPは1日のアクセス数が最大1500万超という"お化けサイト"へと発展。その後、「nakata.net」を書籍や携帯サイトへと展開し、さらにはSKY PerfecTV!で番組化させるなど、ビジネスの拡大を成功させた。

 03年夏には、中田は、Jリーグ時代に所属していたベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)のスポンサーだった東ハトの執行役員に就任し、経営危機に陥っていた同社の再建に貢献するといった、なんだかプロレスのようなイメージ戦略を仕掛けている(しかし、東ハトは、関連会社が多額の負債を抱えたことで、03年に民事再生法の適用を申請して倒産。ただ、本業の食品事業については黒字経営であったため、倒産の原因となった不動産事業を分離して、ユニゾンキャピタル傘下にてバンダイと丸紅の協力を得て再建された)。ネームバリューを徹底的に利用し、多ジャンルに進出するその手法は、「中田ビジネス」と呼ばれ、SSUの経営方針の根幹となっている。

 サッカーに造詣が深い、コラムニスト小田嶋隆氏は、SSUと中田の関係をこう分析する。

「私から見ると中田は現役時代からサッカーをバカにしていたフシがありましたね。だから、SSUや広告代理店の人たちにシンパシーを抱いており、引退することもチーム関係者やチームメイトよりも先にSSUに伝えたんだと思います。周囲の人たちに文才やビジネスセンス、ファッションセンスなどをおだてられた結果、サッカーよりもビジネスに執着するようになってしまったのでしょう」

●貧困問題を訴える一方 贅を尽くした前夜祭

 北島康介(水泳)、杉山愛(テニス)、為末大(陸上)といった一流アスリートと契約を交わしながら、日本スポーツビジネス界の中で際立つ企業となったSSU。その威光を最大限に示したのが、今年6月7日に開催された「TAKE ACTION 2008 +1」というサッカーエキシビジョンマッチであった。中田引退後、初めて彼のプレーを公にお披露目する場であり、また、世界の名立たる選手が集結するということで日産スタジアムには6万3143人の観衆が駆けつけ、超満員。日本代表でもスタジアムを満員にすることが難しくなった昨今だけに、「中田ビジネス」のすごさをあらためて見せつけた。

 しかし、この試合においてSSUは「単なる金儲け集団」(プロダクション関係者)という印象を強くすることとなる。このエキシビジョンマッチは「世界の貧困や環境破壊問題を訴える」という趣旨だったため、一部メディアで「慈善試合」と報道され、観客の多くはチャリティマッチと思い込んでいた。だが、実際はチャリティマッチではなく、SSUが「今回の試合はあくまで地球の環境問題や貧困問題を考えるきっかけを与えるもの。入場料収入などの収益金を寄付するわけではない」と明言した通り、収益はSSUへ流れる仕組みとなっており、詐欺まがいの行為として批判されることとなったのだ。