アーケード用対戦アクションシューティング「旋光の輪舞」シリーズの新作タイトル「旋光の輪舞 Dis-United Order (DUO)」が「開発度15%」にもかかわらず、今回の第46回AMショーではなんとプレイアブル出展されていました。さすがグレフ。稼働時期は不明ですが、実際に動いているのを見ると「おおー」と思える出来栄え。既に公式サイトではインストラクションカードが公開されており、一般公開日では結構人が並ぶのではないかと。

というわけで、実際にプレイしている様子のムービー2本は以下から。
システムはこんな感じ


開発度は15%


ムービー1本目


ムービー2本目


(C) 2005,2008 G.rev Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

・関連記事
第46回アミューズメントマシンショー開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE


記事全文へ