Xbox360、PS3、PCのマルチプラットフォーム展開されるゲームの製作者が、Xbox360にある大きな「限界」を受けてゲームの内容を大幅にカットしないといけなかったことを明らかにしたそうです。そしてその内容カットはXbox360版だけでなく、PS3版、PC版にも及ぶとのこと。

性能面に大して問題がないように思えるXbox360ですが、いったいどのような「限界」があったのでしょうか。

※17:20に追記しました

詳細は以下の通り。
Rage Held Back By Xbox 360's Limits

この記事によると、近いうちに発売を予定しているXbox360、PS3、PC向けの「RAGE」というゲームソフトの開発者であるTim Willits氏がカンファレンスにおいて、Xbox360の「限界」を受けてゲームの内容をカットしたことを述べたそうです。

これが「RAGE」です。


Willits氏はこの「限界」をゲームのデータ量であるとした上で、PCには制限がなく、PS3は記録メディアにBlu-rayを採用しているため、約25GB(1層ディスクの場合)まで利用可能であるのに対して、Xbox360はDVDを採用しているため、約6〜8GB(2層ディスクの場合)までしか利用できないことから、2枚のDVDに収められるようにゲームの内容をカットするとのこと。

具体的には当初予定されていた荒れ地を舞台にしたいくつかのステージを2つにまで減らすとのことで、これはゲームの内容自体に影響する模様。なお、この変更はXbox360版だけでなくPS3版、PC版にも適用されるとしています。

Xbox360へのBlu-ray搭載を否定しているマイクロソフトですが、PS3向けタイトル「メタルギアソリッド4」のデータ量が2層式Blu-rayディスクをフル活用した約50GBに及んだように、増大するゲームデータに対して将来的に何らかの施策を行うのでしょうか。

・14:50追記
以下のリンクによると、DVD2枚に収まるように圧縮率を上げる必要があるため、Xbox360版はPS3やPC版と比較して画質が劣化するそうです。

そして2枚のDVDに収めないといけない背景として、DVD2枚組から3枚組に変更すると、マイクロソフトに支払うロイヤリティが無視できないほど跳ね上がることが挙げられています。

Rage Will Look Worse on 360 Due to Compression; Doom 4 and Rage Not Likely for Digital Distribution

・17:20追記
以下のリンクによると、Willits氏は今回報じられた「Xbox360の限界によってゲームの内容がカットされた」という記事について、もともと用意する予定だった5つか6つのステージを2つのより大きなステージにまとめただけで、内容はカットされていないというコメントを出したそうです。そしてXbox360版でも快適にプレイできるとのこと。

つまりDVD2枚でも十分に収まるサイズになったということなのでしょうか…?

id: Rage Not Cut Because of Xbox 360 Limits - Shacknews - PC Games, PlayStation, Xbox 360 and Wii video game news, previews and downloads

・関連記事
9月25日にXbox360に関する大きな発表があるかもしれません - GIGAZINE

Xbox360の高い故障率の背景が明らかに - GIGAZINE

ソニーの「PS4」やマイクロソフトの次の「Xbox」が見えてきました - GIGAZINE

マイクロソフト、9月11日からXbox360を2万円以下に値下げへ - GIGAZINE

マイクロソフト、秋からXbox360向けに同人ゲームを販売可能に - GIGAZINE

記事全文へ