以前GIGAZINEで9月13日(土)よりASUSの高性能で低価格、低消費電力な「EeeBox」が発売されることをお伝えしましたが、発売が延期されることになりました。

すでに5万円を切る低価格ノートパソコン「EeePC900」の発売日が9月13日(土)から10月中旬へと延期されていますが、発売を目前にして急きょ延期せざるを得ない事情があった模様。

詳細は以下の通り。
ASUSによると、コンパクトで低消費電力、静音性を兼ね備えているにもかかわらず、本体販売価格4万4800円と非常に安価なデスクトップパソコン「EeeBox」ですが、付属しているワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスの不具合が判明したため、急きょ9月13日(土)の発売を見送ることになったそうです。

発売開始は10月以降となるとしており、発売予定日が決まり次第、追って告知するとのこと。なお、EeeBoxの製品情報は以下のリンクを参照のこと。

ASUS | Eee Box

液晶ディスプレイにマウントできるほどの軽量さとコンパクトさを実現しているため、待ち望んでいたユーザーも多いと思われる「EeeBox」ですが、もう少し待つ必要があるようです。

・関連記事
価格は約1万円、常識を覆す世界最安のノートパソコンが登場 - GIGAZINE

「EeePC」のASUS、こだわり抜いた安価なノートパソコン「N10」を発売へ - GIGAZINE

DELLが5万円を切る低価格ノートパソコン「Inspiron Mini 9」を本日発売、ファンレスで生活防水も - GIGAZINE

定価およそ1000円、超低価格ノートパソコンを開発へ - GIGAZINE

高性能な低価格デスクトップ「EeeBox」登場、コンパクトで静音な上に低消費電力 - GIGAZINE

ついに5万円を切った「EeePC900」が登場、軽量で高性能な廉価モデルに - GIGAZINE

記事全文へ