第13戦ベルギーGPで今季5勝目を挙げたF1フェラーリのフェリペ・マッサ(ブラジル)が10日、“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙のビデオチャットに、ゲストとして参加した。

今季のタイトル争いについてマッサは「タイトル獲得に近い存在と感じており、そのために全力を尽くすつもりだ。これまでのドライバー人生の中で、今季がタイトル獲得の最大のチャンスだ。タイトル争いは激しいが、ベストを尽くす」とコメント。

また、ベルギーGPの優勝でドライバーズポイントを74に伸ばし、首位ハミルトン(マクラーレン=英国)に2ポイント差に迫ったことについては「現状で最も強いドライバーは、順位表で俺の上に立っている人物であり、彼を抜くことが最大の目標だ」とライバル心をむき出しにした。