自作・改造大好き!エンジニアの家電工作生活
自分の望みどおりの高い性能で、余計な機能がなく、しかもお値段は手ごろ……そんな夢のような家電を追い求めた結果、家電製品の自作に走ったことはありませんか? 今回は、家族や周囲の反応を省みず、究極の家電を自作するエンジニアたちの武勇伝を集めてみました。

なぜ家電を自作?その背景にあるものは……
 以前、編集部で「これがエンジニアのデフォルトだ!?」と題し、エンジニアにありがちな属性をレポートしたことがある。“エンジニアにあるがち”な属性の上位20位に挙げられたのは「電化製品はスペックにこだわる」「最新の電化製品に目がない」「電化製品が壊れるととりあえず分解する」「自作PCを組んだことがある」など、電化製品に関する項目がズラリ。
 それならば、自作PCだけでなく、家電の改造、自作まで突き進んでいるエンジニアも多いのではないだろうか。そこで今回、家庭で“モノづくり”に取り組んでいるエンジニア140人にアンケート調査を行い、自作家電の面白さについて聞いてみた。

 まずは、エンジニアの属性。職業柄ハード/メーカー系が多いかと思いきや、結果は、ソフト系(54%)、ハード/メーカー系(43%)、素材(3%)と、半々であった。ただ、機械や電子を学んだことのある人は多く、最終学歴で見ると、文系(23%)、理系(77%)と圧倒的に理系率が高い。
 では、なぜ家電の自作を始めたのか。自作に至ったきっかけを聞いてみたところ、「ついやってみたくて(29%)」が第一位に! 自作衝動に駆られたのがきっかけとは、さすがはエンジニアである。「自作の理由?そこに(欲しい)家電があるからさ」と言うことか。そして第二位に、「使っている家電のグレードアップ(22%)」、第三位に「欲しい製品が売っていなかった(19%)」が続いた。「販売されていないなら自分で作る」という、妥協を許さない製品へのこだわりが、自作の一番の原動力となっているようだ。

■エンジニアたちは、こんなモノも自作している!
 続いて、自作した製品を聞いてみたところ、編集部も驚きの製品が続々と挙げられた。真空管アンプ、アクアリウム照明、オーディオ機器はもとより、車の速度計、気象観測機器、精米機など、一般家庭ではあまりお目にかかれない製品まで自作しているようだ。それでは、特に参考になる各製品の自作エピソードと周囲の反応をご紹介しよう。

■トイレの自動消灯装置
買おうと思ったら異常に高く、会社に落ちている部品を寄せ集めたらできそうだった。熱感知センサをトイレに取り付けて、人の熱で点灯・熱がなくなって1分経過したら消灯するように遅延タイマーを仕込んだ。しかし、センサの応答度が季節や動きの速度で変わるので、ちょうどいいくらいに調整するのに手間がかかった。機能的には問題ないのだが、お菓子の缶に装置を入れたので見た目がやぼったい。
(34歳 男性 既婚 材料化学研究科卒 研究、特許、テクニカルマーケティングほか)

■DVD
自分自身のスキルアップにもなるかと思い、DVDレコーダーをサーバに改造した。コピープロテクト部分がブラックボックスになっており、思わぬ信号が出てきて苦労した。改造品は不満だけど、改造したことには大満足!
(38歳 男性 独身 工学部土木工学科卒 品質管理、製品評価、品質保証、生産管理)

■入力2ch/出力1chのAUDIOミキサー
音楽をアナログ音源でベスト版に編集する際、前曲の終わりをフェードアウトしながら、次曲の始まりをフェードインさせて、2曲の終わりと始まりを重複させたく、AUDIOミキサーが欲しくなったが、市販品はとても高額で買えなかった。自作にあたり、部品選定、回路図作成、ユニバーサル基板へのハンダ付け、動作確認と一通りの工程を踏んだが、部品の入手がいちばん苦労した。ケースを用意せず、基板Assy 状態での完成としたため、見栄えが非常に悪くなったが、使用感はそれなりにGOOD!(実用上問題なく、一応合格点)。
(40歳 男性 既婚 高専電気工学科卒 回路・システム設計)

■廊下のインテリア照明
廊下装飾用の照明をいつも点灯させているのは無駄だし、しかしそうなると全く点灯させる機会がないので、セキュリティ用照明のように人に反応するようにしようと思った。屋外用センサーライトを購入し、分解して赤外線センサースイッチ部分を取り出し、インテリア照明に移植。見かけにみっともないこともなく、人が通ることへの反応も文句なく、満足です。
(44歳 男性 既婚 芸術学部デザイン科卒 社内情報システム、MIS)

■天井のLED夜空
子供部屋を楽しくしたかったので、LEDと抵抗を買ってきてスピーカーの出力に接続し、天井に星空をともさせた。出来栄えは最高!
(43歳 男性 既婚 機械工学科卒 機械・機構設計、金型設計)
 :
 :
 :
この記事の続きはライブドアキャリアで

■関連リンク
livedoor キャリア