最新のプロ野球の公式データを使いつつも、実在の選手達が分身魔球や消える魔球を投じる野球ゲームが「オンラインプロ野球ゲーム 魔球魔球」。基本プレイ料金は無料で、ゲーム中では2008年現在のプロ野球12球団の最新データだけではなく、過去10年分の各選手のデータを再現していて、自分だけのドリームチームを作り、時を越えた夢の対決を作り上げていくことが可能になっています。

ゲーム中には「ミラクルカード」というものがあり、カードを使うことで戦績に応じたさまざまな魔球を投げることができます。たとえリードされている試合でもうまくミラクルカードを使いこなすことで大逆転も可能です。

詳細は以下から。
オンラインプロ野球ゲーム 魔球魔球
http://www.m9m9.jp/


まずは一体どんな魔球があるのか、魔球メドレームービーでご紹介します。


「魔球魔球」は実在のプロ野球12球団のデータを使ったオンライン野球ゲームで、選手が勝手にプレイするシミュレーションではなく、プレイヤーが実在選手を動かして試合を戦っていくもの。ピッチャーは直球と変化球を駆使して三振を奪い、バッターは相手がどこに投げてくるのか推測しタイミングを合わせてホームランを狙う、そして守備では打球に飛びつくダイビングキャッチを決めるというような迫力のアクションが再現されており、はじめてプレイする人でも簡単に楽しめるようになっています。



登場する選手の能力は実際のプロ野球での成績をもとに再現しており、また現役選手の過去10年分の選手データを搭載しているので、自分だけのドリームチームを作って試合を楽しむことができます。



ゲームには実況中継がついており、「サンテレビボックス席」の実況やCS向けに放送されている「Tigers-ai」の中継を担当している桐山隆氏が実況を、元東北楽天ゴールデンイーグルス監督でプロ野球解説者の田尾安志氏が解説を務めています。そして球場内に31台ものカメラが設置されているので、実際のプロ野球中継に匹敵するカメラビューが再現されています。



「魔球魔球」では「ミラクルカード」というカードが存在します。これによって魔球が発動、戦績に応じていろいろな魔球を楽しむことができます。魔球を投げられる「魔球カード」の他にも「技能カード」「戦術カード」と合計3種類が用意されており、ただ「投げる」「打つ」だけではなく、カードをいつ使うかという心理戦も楽しめます。リードされた場面でも、カードによって大逆転することも可能。



カードにはそれぞれ魔球カードがグー、技能カードがチョキ、戦術カードがパーに対応しており、カードを出した際にはジャンケンの勝ち負けによって効果が発揮されるシステムになっています。たとえば投手が魔球カード(グー)を使い、打者が技能カード(パー)を使った場合、投手の使ったカードは無効化され、打者の使ったカードの効果だけが発動します。






選手カードには「Basic選手カード」と「選手カード」、そして「データカード」があります。Basic選手カードは最初にチームを選んだときに配布される25枚のカード。選手カードは今シーズンのカードで、2008年度のデータを反映させたカードは2008年シーズン終了後に登場となります。データカードは過去の年度ごとの成績を反映させたカードで、今年は不振の選手でも昨年が好調だったらそちらは能力が高く設定されていることがあります。



アイテムカードには、装備アイテムカードとアクセサリーカードの2種類があります。アイテムはショップで販売されており、装備アイテムには「グラブ」「グローブ」「ユニフォーム」など、アクセサリーには「ゴーグル」「ネックレス」「リストバンド」などがあります。



ゲームモードは7種類で、このうちミラクルカードが使用できるのは2種類となっています。

・ミラクルモード
ミラクルカードが使用できるモードの1つで、現実のプロ野球ルールをベースに魔球魔球オリジナル世界がミックスされたもの。ユーザーのデッキにお好みのミラクルカードを装備しておくことで、試合中にカードを使用できます。

・カードバトルモード
ミラクルカードが使用できるモードのもう1つで、常に2ストライク3ボールからの状態でスタートします。また、ゲーム開始と同時に4枚のミラクルカードがユーザーのスロットにランダムに配られます。カードはイニングごとに配り直されます。

・ノーマルモード
現実世界と全く同じルール。

・ストライクモード
打ちやすいストライクゾーンにしか投球されないモードで、初プレイ時は入門チャンネルのこのモードのみ遊べます。初心者のバッティング練習に最適。

・フルカウントモード
常に2ストライク3ボールの状態からスタート。短時間でゲームが進み、気軽にプレイできます。球種を使用したときに通常なら投手の体力が減りますが、このモードでは体力は減りません。

・バッティングバトル
最大30人まで参加可能。ホームラン数や獲得ポイント、飛距離などで順位が決まります。

・シングルプレイモード
近日導入予定のモード。1人でじっくりと練習したいときのモードで、難易度は7段階制、9イニング制。



また、草野球Cランク(ログイン時の初期のランク)のみ入場できる「入門チャンネル」、草野球C〜草野球Aランクのみ入場できる「草野球チャンネル」からプロ二軍Cランク以上で入場できる「プロ一軍チャンネル」まで、実力に応じた相手と対戦しやすいようにチャンネルシステムが組まれています。ほかに、プロ二軍Cランク以上入場可でオートマッチが適用される「オールスターチャンネル」、ランクに関係なく入場できる「フリーチャンネル」、トーナメントなどの大会が行われる「大会チャンネル」があります。



カードはただ集めるだけではなく、トレードシステムで売買することも可能です。これは他のプレイヤーとの間で欲しいカードを購入したり、不要なカードを販売したりできるもので、トレードで購入したカードは再度トレードに出すことはできません。また、手持ちの中でダブってしまうカードが出てきたら、「カードミックスシステム」で手持ちの3枚以上のカードから、1枚の新しいカードを生成することができます。このとき生成されるカードはミックスするカードの枚数やレア度によって変わってきます。




「魔球魔球」は本日9月9日から"魔球オープン戦"としてオープンβテストが開始されます。参加のための登録はこちらから



オンラインプロ野球ゲーム 魔球魔球
http://www.m9m9.jp/

(社)日本野球機構承認
NPB BIS プロ野球公式記録使用
©CJ Internet Corp. All rights reserved. Publishd By Gamepot Inc.


記事全文へ