10月9日(火)から12日(日)の4日間にかけて東京ゲームショウ2008が行われますが、本日スクウェアエニックスの東京ゲームショウ2008向け特設サイトがオープンしました。サイトでは出展作品やコーナーの一覧が掲載されており、どの作品の試遊台があるのか、映像出展が行われるのか確認できるようになっています。

「ファイナルファンタジーXIII」「ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII」「ファイナルファンタジー アギト XIII」あたりの映像が見られるので、気になっている人は10月11日(土)・12日(日)の一般公開日に行ってみるのもアリかもしれません。

詳細は以下から。
東京ゲームショウ2008 | SQUARE ENIX

出展作品とコーナーの一覧は以下。

東京ゲームショウ2008 | SQUARE ENIX 出展作品・コーナー一覧

試遊台が置かれるのは、ニンテンドーDS向けが「スヌーピーDS スヌーピーと仲間たちに会いにいこう!」「シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+」「ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-」「ピングーのワクワク♪カーニバル」「チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者」「キングダム ハーツ 358/2 Days」の6本、PSP向けが「ディシディア ファイナルファンタジー」「キングダム ハーツ バース バイ スリープ」の2本、ケータイ向けが「ドラゴンクエスト バトルロードMOBILE」「いただきストリートMOBILE どんどん開店!増築中!」「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」の3本となっており、ほかに業務用カードゲーム機の「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」も出展されます。

また、Xbox360向けの「ラスト レムナント」「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-」の2作品を除くほとんどの作品は映像出展が予定されており、「ファイナルファンタジーXIII」をはじめ、「ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII」、「ファイナルファンタジー アギト XIII」、さらに「クロノ・トリガー」なども映像が見られるようです。

気になるタイトルが多いので、ぜひ映像でチェックしたいところです。

・関連記事
日本でのXbox360版「ファイナルファンタジーXIII」の発売は絶対にありません - GIGAZINE

今までと違うファイナルファンタジーXIIIとヴェルサスXIII予告ムービー - GIGAZINE

テクモとコーエーが合併へ、スクウェア・エニックスの提案は完全拒否 - GIGAZINE

あの名作が復活か、スクウェア・エニックスがカウントダウンを開始 - GIGAZINE

スクウェア・エニックスがiPod専用の本格RPG「ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律」を発売開始 - GIGAZINE

スクウェア・エニックスと学研、「シリアスゲーム」で業務提携 - GIGAZINE


記事全文へ