先日GIGAZINEでスクウェア・エニックスから友好的買収を提案されていたテクモが、スクウェア・エニックスの提案を完全拒否してコーエーと合併する方針を示したことをお伝えしましたが、本日スクウェア・エニックスが友好的買収を断念する旨を発表しました。

詳細は以下の通り。
(PDFファイル)テクモ株式会社に対する同社株式の友好的公開買付けの提案の撤回について

このリリースによると、先日テクモがスクウェア・エニックスからの友好的買収提案に賛同しない旨を発表した際に、スクウェア・エニックスがテクモに対して、テクモとコーエーの合併がスクウェア・エニックスによる買収よりも株主にとって有利であるのかどうかについて照会していましたが、賛同しない理由を含めて回答を得ることができなかったそうです。

これによりテクモの株式の友好的公開買い付けの条件などについて、スクウェア・エニックスが修正提案を提示することができなくなったため、友好的買収を撤回するとのこと。

スクウェア・エニックスが友好的買収からテクモの経営陣や関連会社の同意を得ずに行う「敵対的買収」へと切り替えて泥沼の争奪戦になる可能性も考えられましたが、どうやらそのようなことにはならなかったようです。

・関連記事
東京ゲームショウ2008に出展される新作ゲームの一部が明らかに - GIGAZINE

ソニーが「PSP-3000」を10月16日に発売、複数の新サービスや人気シリーズの最新作も - GIGAZINE

新型のニンテンドーDSが近いうちに登場か - GIGAZINE

マイクロソフト、9月11日からXbox360を2万円以下に値下げへ - GIGAZINE

PS3の40GBモデルが大幅に値下がり中、新モデル登場間近か - GIGAZINE

記事全文へ