1992年8月号から2003年9月号にかけて「月刊少年ガンガン」で連載された、衛藤ヒロユキ原作のギャグファンタジー漫画作品「魔法陣グルグル」が復活し、新連載が開始されることが明らかになりました。

個性的なキャラクターに加えて「ウニョラー!」「ここに わんわんの のろい」など、独特のギャグで今もなお根強い人気を誇る同作ですが、往年のファンにとっては非常にうれしい展開かもしれません。

詳細は以下の通り。
ガンガンONLINE -SQUARE ENIX-

このページによると、10月よりスクウェア・エニックスが始動する完全無料のウェブ漫画雑誌「ガンガンONLINE」にて、「魔法陣グルグル」の原作者である衛藤ヒロユキが新連載「キタキタ(仮)」を開始するそうです。

タイトルとイラストから「キタキタ(仮)」の主人公は「魔法陣グルグル」の作中に登場する異色のキャラクター「キタキタおやじ」になる模様。ちなみに本来の主人公「ニケ」と「ククリ」は出てくるのでしょうか…。

また、そのほかにも「6大+1新連載」として、「みかにハラスメント」で有名な水兵ききの最新作や、そのシュールかつ不条理さを極めた作風から「ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場」などで類を見ない強烈な存在感を発揮していた坂本太郎の作品なども掲載されるほか、スクウェア・エニックスの各漫画雑誌に掲載されている作品の外伝やイラストなどが続々掲載予定とのこと。

無料で読めるとのことなので、とりあえず試しに読んでみるのもいいかもしれませんね。

・関連記事
夜麻みゆき、4年の沈黙を破って月刊Gファンタジーで執筆再開 - GIGAZINE

発売から13年、ついに名作RPG「クロノ・トリガー」がニンテンドーDSで復活 - GIGAZINE

「ローゼンメイデン」がヤングジャンプで連載再開へ - GIGAZINE

小野不由美のファンタジー小説「十二国記」、6年ぶりに新作短編発表 - GIGAZINE

記事全文へ