19歳の少女のリアルを描いた「蛇にピアス」の映画化にあたり、主人公と同年代である23歳以下の女性限定試写会が8月31日、東京・六本木ミッドタウンにあるギャガ・コミュニケーションズ試写室で行われ、主演の吉高由里子がゲストとして登場した。

織田裕二主演のフジテレビ系ドラマ「太陽と海の教室」にも出演しているとあって、会場から「かわいい!」という黄色い声援に迎えられて登場した吉高は、今回の映画主演に関して「最初主演が決まった時は、『どうしよう』というのが正直な感想でした。けれど、その時期に事故に遭い、ICU(集中治療室)で『何で生きてるんだろう?』ということを考えさせられた」と告白。「『痛みが、生きていることを実感させる』ということを身をもって体験して、ガ然やる気が出た」と、自らの体験談も交えて語った。

原作は2003年に20歳で芥川賞デビューを果たし話題となった金原ひとみの同タイトルの小説。19歳の少女ルイ(吉高)が、蛇のように2つに割れた舌を持つアマ(高良健吾)と同棲しながら、サディストの入れ墨彫り師シバ(ARATA)とも関係を持ち、痛みと快楽の中で満たされない心を模索する物語だ。監督は金原から直々にラブコールを受けた72歳の演劇界の巨匠、蜷川幸雄が務めた。

吉高はトーク中に「話すことは苦手なんです、ごめんなさい」と謝る姿を何度か見せたが、その度に会場は微笑ましい空気に包まれた。「アマとシバのどちらがタイプ?」との問いには、「ゆっくり安らぎたいので安心する人がいい。痛いのはイヤです」と笑顔で答え、観客の共感を誘った。

今回吉高は、9月1日に初写真集とフォトエッセイの2冊を出版、トークショーでもトルコでの撮影や自分自身ノートに書き溜めた本の内容に触れ、これらのお披露目も兼ねたダブルイベントとなった。「蛇にピアス」は9月20日より全国ロードショー。