スクウェア・エニックス運営のオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」。サービス開始から6年が経つ今も、舞台であるヴァナ・ディールの地は多くのプレイヤーでにぎわっている。その世界観をコミックで楽しめるムック「コミックヴァナ通」が25日、エンターブレインから発売された。

 このムックはこれまでに発行されてきたアンソロジーコミックのリニューアル版という位置づけ。目玉はファミ通文庫で好評を博しているはせがわみやび氏「祈りの風」のコミカライズだ。アルとイーリスの冒険が、アンソロで人気の高かった沙月ゆう氏の手によって新たな装いを見せている。その他にぎやかな連載陣はもちろん、ネタ系攻略ムック「ヴァナ・ディール通信」でおなじみの作家も漫画やイラストを寄稿。作家のほとんどが現役のプレイヤーということもあり、“冒険者”の目線で楽しめる仕上がりだ。

 さらにヴァナ・ディール通信が「ヴァナ通ぷち」として出張。このコーナーにはメリットポイントについての開発側のコメントなど、攻略情報が32ページに渡って掲載されている。漫画も攻略も楽しめるこの一冊は、ファイナルファンタジーXIを現役バリバリで楽しんでいる人にも、倦怠気味の人にも、これから始めようという人にもおすすめだ。

(編集部 三浦ヨーコ)


関連記事
ネット犯罪者に狙われるオンライン・ゲーマー G DATA Softwareが警告
FA、トレード気分で貴方だけの野球チームを強化しよう! アドミラルシステム
オンラインでポーカー「Japan 3D Poker」サイトオープン
矢野経済研究所、オンラインゲームに関するユーザー動向調査結果発表。

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!