『赤川次郎ミステリー 月の光 ―沈める鐘の殺人―』(ニンテンドーDS版)の公式サイトがオープンした。時前にストーリーに入り込んでおくと楽しみ方も増すかもしれない。

赤川次郎のファン数は計り知れない、「何話か読んだことがある」という人も数えればかなりの率で赤川ワールドを経験しているだろう。
赤川次郎は1976年に「幽霊列車」でデビューして以来、「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」などのシリーズを出してきた。
映画化された「セーラー服と機関銃」なども有名で、最近では「三姉妹探偵団」のドラマ化など、時代を超えいまだにファンは増えているのだ。

彼の作品をもとにしたDSソフトの監修にもかかわり、また、新たなファン層が増えている。
2008/8/26のマイコミジャーナルによると、
ニンテンドーDS専用ソフト『赤川次郎ミステリー 月の光 ―沈める鐘の殺人―』は赤川次郎の原作・監修によるもので、2月にリリースされた、『赤川次郎ミステリー 夜想曲 本に招かれた殺人』に続くDSソフト第2弾である。

同ソフトは11月13日に発売予定だが、一足早く、公式サイトがオープンしたのだ。
ストーリーは
”「あなた」が新任教師として「鐘園学園(しょうえんがくえん)に赴任して来て、やがて数々の謎の事件に巻き込まれる”
というもので、公式サイトは学園のイメージが出たデザインになっており、昼と夜で風景が変わるというこだわりのつくりになっている。
これから「小ネタ」や「壁紙」、「関係者インタビュー」なども増える予定で、赤川次郎自身のインタビューの予定もある。

11月発売を前に、サイトで鐘園学園や人物に触れておけば、さらに楽しめそうである。

公式サイト
http://www.mmv.co.jp/special/game/ds/tsukinohikari/



(編集部:TAKESHI)

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!