文藝春秋は、am3が運営するニンテンドーDS向けコンテンツ配信サービスで、人気作家の作品テキストのダウンロード販売を開始した。

 8月22日から配信を開始したのは、「イン・ザ・プール」(奥田英朗)、「幽霊列車」(赤川次郎)、「わたしのグランパ」(筒井康隆)、「不機嫌な果実」(林真理子)、「ガールズ・ブルー」(あさのあつこ)、「パラレル」(長嶋有)の6作品。

 いずれも、公式サイトDSvision.jpから、テキスト形式で1作品あたり368〜420円でダウンロードすることができる。

【関連記事】
「ケータイ小説好き」と「文学好き」は違う、ケータイ小説好きの6割が「まったく本を読まない」
作家・島田雅彦がケータイ小説に挑む、そのねらいとは?
ananのSEX特集、トヨエツが官能小説を朗読
電子小説専門サイト「ケータイ小説堂」オープン、日経のビジネス書も独占先行配信