以前GIGAZINEでソニーがPS3の80GBモデルを9月に発売することをお伝えしましたが、新たに160GBモデルを発表しました。

どうやらPS3でデジタル放送を録画できるようになったことや、完全新作アニメ「亡念のザムド」がPS3に独占配信されるなど、今後大容量のHDDが必要とされる事態が増えると見越してのことのようです。

詳細は以下の通り。
SCEA: 160GB PlayStation 3, Uncharted, Pain, DualShock 3 for $500 - Joystiq

この記事によると、ソニーは北米とヨーロッパ市場に向けて160GBモデルのPS3を11月から発売するそうです。

160GBモデルはDualShock3コントローラとゲームソフト「Uncharted: Drake's Fortune」、そしてPLAYSTATION Networkで配信されているゲームソフト「PAIN」のクーポンを同梱して499ドル(約5万4000円)になるとのこと。

ちなみに80GBモデルが40GBモデルと同価格の399ドル(約4万3000円)で発売される予定であることや、新たに発売される80GBモデル、160GBモデル共にHDDの容量以外は40GBモデルと仕様が変わらないことを考えると、PS3のユーザーがパソコンショップなどで購入したHDDを交換して利用できるという特色を生かして、自分でHDDを換装してみるのもいいかもしれません。

なお、以下のリンクによるとPS3で採用されているシリアルATA接続の2.5インチHDDの320GBモデルが8980円となっています。

価格.com - WESTERN DIGITAL WD3200BEVT (320G 9.5mm) 価格比較

ところで80GBモデルや160GBモデルの日本発売の予定はあるのでしょうか…?

・関連記事
ついにPS3単独でエミュレータが動作可能に、導入も簡単 - GIGAZINE

ソニー、最高クラスの液晶を搭載した新型PSP「PSP-3000」を正式発表 - GIGAZINE

旧世代機の逆襲、PS2でYouTubeやHDDに保存したあらゆる動画の視聴が可能に - GIGAZINE

PS3で自作ゲームが動作可能に、これで同人ゲームも登場か - GIGAZINE

ソニー、ゲーム制作志望者にすべての費用を負担する「PlayStation C.A.M.P!」を開始 - GIGAZINE

記事全文へ