駅に取り付けられた監視カメラによって、電気の通っている線路へ物を投げ込んで遊んでいる若者たちの姿がとらえられました。公開された画像には激しい青白い光が映りこんでいて、かなり危険な状態になっていることが分かるようになっています。

幸い彼ら自身は無事だったようですが、危険な行為なので、決してマネはしないようにしてください。

詳細は以下から。Moment a vandal cheated death on live railway track | News

若者たちが撮影されたのは、イギリスのアドルストーン駅。線路には750ボルトの電流が流れているのですが、3人の若者が車椅子用のタラップなどを投げ込んでいたようです。

金属製のタラップを持って線路に。


激しくスパーク。タラップは電流によって溶解。


周囲に飛び散る火花に逃げ惑う若者。


この画像を見て恐怖を感じたイギリス鉄道警察学校のGraham Cottington氏は、生徒たちに線路への侵入することの危険性を話したそうで、「彼らは友人の前で見栄を張っている。線路に降りている人間もいるため、火花が降りかかってしまっている。彼らが死んだり重症を負わなかったのは偶然でしかない」と語っています。

・関連記事
屋上から巨大水風船を投げて割り、大興奮する人々のムービー - GIGAZINE

ボーリングで普通はやらない変わった投げ方のスゴ技 - GIGAZINE

赤ん坊を4階から投げ下ろして火事から救出、残った家族は全員犠牲に - GIGAZINE

どこからボールを投げても華麗にゴミ箱に入るムービー - GIGAZINE

記事全文へ