マイクロソフトは2008年8月19日、ゲーム機「Xbox 360」のスタンダードモデルが品切れになったとして、公式サイトにお詫び文を掲載した。バンダイナムコゲームズから8月7日に発売されたゲームソフト「テイルズ オブ ヴェスペリア」が人気となり、ゲーム機自体の販売が急増したためという。スタンダードモデルの出荷は、9月になる見込みだとしている。

   Xbox 360と「テイルズ」をセットにした限定プレミアムパックも、品切れになっている。予約だけで売り切れた店もあったという。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
期間限定で「 環境・CSRウォッチ」も実施中!