光の速度よりも速く移動する方法がある、らしい。これはいわゆる「ワープ航法」と呼ばれるもので、恒星間航行の方法である「超光速航法」とは違い、実現可能であるというのがポイント。

一体どういう理屈で可能なのかという詳細は以下から。
Star Trek warp drive is a possibility, say scientists - Telegraph

物理学の準教授であるGerald Cleaver氏とRichard Obousy氏によると、既存の物理学の法則を破ることなく、光の速度を超えて移動する方法は実現可能だそうです。この並はずれたことを実現させるためには宇宙の反重力である「暗黒エネルギー(ダークエネルギー」を利用する必要があるとのこと。

ダークエネルギー - Wikipedia
ダークエネルギーとは、宇宙全体に広がって負の圧力を持ち、実質的に「反発する重力」としての効果を及ぼしている仮想的なエネルギーである。

宇宙定数はアルベルト・アインシュタインによって、静的な宇宙を表すような場の方程式の定常解を得るための方法として最初に提案された(つまり、実質的にダークエネルギーを重力と釣り合わせるために用いた)。

このダークエネルギーの真の正体は現状ではほぼ推測の対象にすぎない。ダークエネルギーは一般相対論の宇宙定数(Λ)で表される真空のエネルギーではないか、と考える人々も多く、実際、これはダークエネルギーに対する最も単純な説明である。宇宙定数は、時間や宇宙膨張によらず宇宙全体に存在する一様密度のダークエネルギーと解釈できるからである。これはアインシュタインによって導入された形式のダークエネルギーであり、我々の現在までの観測と矛盾しない。ダークエネルギーがこのような形をとるとすると、これはダークエネルギーが宇宙の持つ基本的な特徴であることを示すことになる。

相対性理論によると、光の速度を超えることはできないのですが、これはあくまでも「フラットな宇宙」の場合において当てはまる出来事であり、宇宙それ自身については速度制限はないとのこと。つまり、このダークエネルギーを使って「バブル」を形成することによって宇宙の断片を収縮させ、移動させるというわけ。感覚的には「波に乗るサーファー」のようなものだそうです。宇宙船はこの「空間の泡(バブル)」によって押され、なおかつこのバブルは光速より速く移動するとのこと。

また、この新しいワープドライブは「ストリング理論(弦理論)」に近づき、宇宙が多次元で構成されていることを示すそうです。現在の私たちは高さ・幅・長さ・時間によって構成される4次元までは認識できますが、このストリング理論によると合計で10次元まで存在し、宇宙船を光速よりも速く推進させるやり方によって、ダークエネルギーの強さを変更することができるかもしれないとのこと。これは10次元の次元的大きさを変更することによって可能になるとしています。

もう何を言っているのかさっぱりわかりませんが、実際に実現するのは「いつ」になるのでしょうか……。

・関連記事
人類が「最も地球に似た惑星」へ行くには何年かかるのか? - GIGAZINE

宇宙から見たとても美しいオーロラいろいろ - GIGAZINE

衛星軌道上まで飛行する軍用シャトル計画「ブラックスター」の存在 - GIGAZINE
SF映画などで出てきた全宇宙船の巨大さ比較画像 - GIGAZINE

トム・クルーズが宇宙人襲撃に備えて地下シェルター建設予定 - GIGAZINE

「宇宙人は何度も我々にコンタクトしてきている」と告白するアポロ14号の宇宙飛行士 - GIGAZINE

とうとう宇宙空間でゴキブリが誕生する - GIGAZINE

中国の作ったデブリが宇宙ステーションと激突する軌道ムービー - GIGAZINE

宇宙の太陽光をレーザーに変換、エネルギーとして使う技術が登場 - GIGAZINE

宇宙はフライングスパゲッティモンスターによって創造された - GIGAZINE

無人惑星探査機ボイジャーに搭載された宇宙人向けの音や画像 - GIGAZINE

ニューメキシコに初の民間宇宙港が建設されるらしい - GIGAZINE

月から帰還する宇宙飛行士も旅行者と同じく「税関」を通る - GIGAZINE

無重力状態で水の球体を使ったすごい実験ムービー - GIGAZINE

ブラックホールフライトシミュレータ - GIGAZINE

スペースデブリが増加して混沌とした地球の姿 - GIGAZINE

アルゼンチンにて数百人の住民がUFOを目撃、ついに空軍が調査を開始 - GIGAZINE


記事全文へ