実写映画化も進み、世界的に人気が続く「ドラゴンボール」のフィギュア新作が発売される。
「ドラゴンボールZ」に登場するキャラクターたちをデフォルメしてフィギュアにしたシリーズの第3弾となる。

漫画「ドラゴンボール」が連載されたのが1984年だから、「ドラゴンボールZ」と続き、アニメでも放映され、24年。初回放送などでリアルタイムに楽しんだ世代は今、30歳から50歳くらいになるだろうか。
今や、世界中にファンをもつヒーローへと成長し、不可能といわれた実写化も進んでいる。
大人から子どもまで幅広いファンが楽しめるフィギュアシリーズの新作だ発売される。
2008/8/16のZAKZAKによると、
発売されるのは【アニメヒーローズ ドラゴンボールZ其之三 セル編】だ。セルといえば、相手の能力を吸い取って、自分の能力としてしまう強敵で、パワーアップするだけでなく口の聞き方とかもだんだん生意気になっていく憎たらしいやつである。
このシリーズに出てくるキャラクターたちをデフォルメしてフィギュアにしたものだ。
孫悟飯(かめはめ波)、孫悟空(かめはめ波)、ピッコロ、ベジータ、トランクスなどおなじみのキャラに加えて、コルド大王、トランクス(赤ん坊)、孫悟飯(未来版)、人造人間16号、人造人間17号、人造人間18号、人造人間19号とセルシリーズのキャラが登場。
最初は憎いが、だんだんいい奴になってくるカッコよく、可愛い人造人間達がポイントだろうか。
セル(抜け殻)、セル(第一形態)、セルジュニア、セル(完全体)、セル(第ニ形態)+シークレットと憎い奴セルもしっかりフル形態そろっている。

価格:1個・210円(税込)、20個入りボックス・4200円(税込)/商品サイズ:約4cm/発売日:9月23日/発売元:株式会社プレックス/販売代理店:株式会社サンエス

で、”おもちゃ販売サイト「キャラZO」(http://charazo.jp)””コンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」”で9月23日より先行販売が行なわれる。

実写化の話題もあり、世界のファンが注目する可能性ありだ。

(編集部:TAKESHI)

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!