プリウス、モデルチェンジ前でも納車2ヵ月待ち ハイブリッドカーひとり勝ち状態続く

写真拡大

 トヨタのハイブリッドカー「プリウス」の人気が続いている。納車は現在でも2ヵ月待ちの状態だ―。

 今月7日に発表した08年4-6期連結決算では、売上高が前年同期比4.7%減の6兆2051億円、営業利益が同38.9%減の4125億円と、05年の四半期決算開示以来初の減収減益に陥ったトヨタ自動車。超優良企業と呼ばれる同社だけに減収減益は各メディアで大きく報道されたが、収益圧迫の理由は主に為替相場の円高と原材料高によるものだった。

 一方でガソリン価格の高騰が今や同社のシンボル的存在に成長したハイブリッドカー「プリウス」の販売を加速させている。現行モデルは03年の発売以来常に新車販売台数ランキングの常連だが、現在でも国内の販売店では納車が2ヵ月待ちの状態。発売して間もないモデルならともかく、そろそろフルモデルチェンジを迎えようとする車種ではある意味異常ともいえる人気ぶりだ。人気は国内にとどまらず、08年4月には全世界での販売台数が100万台突破し、その勢いは止まりそうない。

 注目すべきはハイブリッドカーの中でもプリウスだけが一人勝ちしているという事実だ。原油高によりハイブリッドカーに注目が集まっているのは理解できるが、ハイブリッドカーはプリウスの他にホンダから「シビックハイブリッド」など3車種、ニッサンからも「ティーノ ハイブリッド」、米国でもGM(ゼネラルモーターズ)やフォードが製造・販売している。しかしホンダの「アコードハイブリッド」は07年に販売不振から生産中止、フォードも販売不振のためハイブリッド車の生産の打ち切りを検討していると報道されている。なぜプリウスだけが求められるのだろうか。

 米国の経済誌フォーブスはプリウス一人勝ちの理由について「成功した一番の理由は、そのデザイン。他の多くのハイブリッドカーは既存の車種にハイブリッドシステムを採用しているだけだが、プリウスはメッセージがある」と分析している。同車は2003年度グッドデザイン大賞を受賞しているが、誰が見てもひと目でハイブリッドカーだとわかるその先進的なデザインが消費者を惹きつけているのだろうか。

【関連記事】
日産自、2012年に電気自動車をグローバルに量産 エコカーで先を行くトヨタの牙城を崩せるか
最強企業トヨタが抱える深刻な悩み 「レクサスの不振」のなぜ
トヨタ、豪州でハイブリッドを生産 目標のハイブリッドカー年間100万台へ邁進
トヨタ原油高どこ吹く風 純利益過去最高で取締役1人当たり1億2200万円
トヨタが新型燃料電池ハイブリッド車を開発


MoneyZine編集部[著]

■関連記事

日産自、2012年に電気自動車をグローバルに量産 エコカーで先を行くトヨタの牙城を崩せるか[2008年08月06日]

最強企業トヨタが抱える深刻な悩み 「レクサスの不振」のなぜ[2008年08月01日]

6月の自動車生産は4.5%の増加 11カ月連続で前年同月上回る[2008年07月30日]

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 11 「燃費の良い車への買い替えは財テクになる?」[2008年07月22日]

ホンダ新型ミニバン、販売計画の5倍の売上を達成 国内販売巻き返しなるか[2008年07月04日]



■記事全文へ