KONAMI「サバイバルキッズ Wii」

写真拡大

   KONAMIは2008年8月7日、本格的なサバイバル生活が疑似体験できるWii専用ゲームソフト「サバイバルキッズ Wii」を発売した。操作が簡単なので、小さな子供からお年寄りまで、すべての年齢の人が自宅にいながらにして"無人島ライフ"を楽しめる。

   火おこしや水くみ、薪わりなどのアクションをWiiコントローラで直感的に操作しながら、無人島からの生還を目指す。ゲームにはサルやイヌなどの動物が登場し、木登りや探し物などそれぞれ得意な技でプレイヤーの冒険をサポートしてくれる。

   ゲームは無人島を脱出する「サバイバルモード」とミッション形式の「宝探しモード」の2種類。そのなかに35種類以上のミニゲームが用意されていて、さまざまな楽しみ方ができる。また1人で楽しむだけでなく、2人で協力したり、対戦したりすることもできるので、家族と友人と力を合わせれば楽しさも倍増するという。

   8月1日には「サバイバルキッズ Wii」のスペシャルサイトもオープンし、ミニゲームなどを紹介している。メーカー希望小売価格は5480円。

   ※サバイバルキッズ Wii スペシャルサイト
      http://www.konami.jp/gs/game/survivalkidswii/?ref=jsp

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
期間限定で「 環境・CSRウォッチ」も実施中!