恐るべき中国大崩壊・大暴落のシナリオ オリンピックを前に大国が抱える4つの困難

写真拡大

 ひとつの中国を掲げる中国共産党政権だが、56もある民族をまとめていくことは不可能に近い。近い将来、弾圧されている少数民族ばかりでなく、生活に困窮した民衆が蜂起して、多民族国家中国は3つに分裂する可能性さえある。(バックナンバーはこちら

■北京空港や北京駅でテロが起きる!?

 いよいよ2008年8月8日、北京オリンピックが開催される。アジアで開催されるのは、1988年のソウルオリンピック以来、20年ぶりだが、日本では盛り上がっていないどころか、人々の関心が薄く、観戦ツアーを企画する不人気で困っている模様だ。

「ギョーザ事件やチベット問題、四川大地震と続いた影響で、北京五輪観戦ツアーの売れ行きが伸び悩んでいる。日本の旅行会社への割り当ては約7万枚。今月になって、最大10万円の値引きに踏み切った旅行会社も登場した」(2008年7月17日付 朝日新聞)

 上記のようないろいろな要素があり、不人気になっているが、表に出てこないリスクもたくさんある。リスクといってもマネーに関するような生やさしいものではない。人命にかかわるような重大なリスクだ。中でもいちばんの恐ろしい要素は、テロに対するリスクだ。つい先日も、バスターミナルで爆発があり死者を出したが、これはまだ序の口といってもよいだろう。

 北京のメイン競技場「鳥の巣」の周りには、地対空ミサイルが配備されているのだが、テロはメイン競技場ではなく、市民や観光客が利用する地下鉄やバス、そして8月1日から運行開始した京津(北京〜天津)都市間高速列車(中国版新幹線)などがターゲットになる可能性がある。

 テロには爆発物を仕掛ける以外にも、毒物や毒ガスをばらまく方法もあり、防ぐことは容易ではない。特に、日本で起きた地下鉄サリン事件のように、不特定多数を狙った化学テロでは、防ぎようがないのが現状だ。例えば、もしチベット自治区や新彊ウイグル自治区の独立運動の活動家が、北京空港や北京駅などでサリンをばらまいたら、一度に数千人の被害者が出るだろう。

 人口12億人で56もの民族で構成されている中国では、中央政府に対する不平不満分子も桁違いに多い。彼らがこの機会を逃さず、暴挙に出る可能性は高いのではないか。

 もしそうなれば、わたしの予測では、ここ十年来の中国の驚異的躍進も、ここで終焉を迎えることになる。いやそうならなくても、つまり一見オリンピックが成功裏に終わったとしても、覇権国家中国の終わりの始まりになると思われる。

 これまで中国株やチャイナファンドに投資して大儲けした方も多くおられるだろうが、この先に待ちかまえているのは、長期低迷か、さもなくば大暴落が待ちかまえている。その理由を4つに分け、順番に挙げていきたい。

■マラソンは煙突の中を走るようなもの

 まず最初は、環境汚染の問題である。(次ページへ続く)


橘 尚人[著]

■関連記事

中国市場が割高かどうかチェック 狙い目の割安銘柄も公開[2008年07月23日]

【エンタメ潮流コラム】海外でも売れるゲームソフトが出るか[2008年07月14日]

グローバル貧困ビジネスのターゲットにされる日本人ワーキングプア[2008年07月09日]

日本版政府系ファンド、運用するのは外国人含む「最高のプロ集団」[2008年07月04日]

日本版政府系ファンド、公的年金10兆円運用 アラブや中国に負けないリターンを得られるか[2008年07月02日]



■記事全文へ